スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Webカメラで撮影

ビデオチャットに利用されているWebカメラ。
300万画素で値段もお手頃という物を見つけて購入してきました。
※目的はビデオチャットではありませんw

さて、実力は?といじくってみると近距離の対象がボケてしまいます。
ピント合わせができないのか!?…(´・ω・`)ガックリ…
おまけにWeb用だからなのか反応が遅く、秒間30フレームといえど
画像が間に合っていない気がしました。
それでもデジカメの動画撮影ではモアレが酷かった液晶画面も
コイツならなんとか観れるレベルに♪

さて、そうなると撮影用の台が欲しいな~ (;゚д゚)ァそうだ!!
初めてデジカメを購入した時に、イラスト等を撮影できるようにと探し出したミニサイズの撮影台があることを思い出しました。ごそごそと引っ張り出してきたはいいけど、カメラを固定する雲台は当然カメラ仕様の固定台です。
(´ω`) ンー…と思案すること数日w

カメラ固定用のネジに合うメスネジを見つけると、Webカメラのクリップで挟むだけで大丈夫そうです。よし!それなら…と、黒い画用紙で映り込み防止用の傘を作り
Webカメラを加工
レンズカバーに両面テープで貼り付けるだけの簡単仕上げ。

これを撮影台に取り付けると
撮影台にセット
簡易スタジオの出来上がりですヽ(´ー`)ノ~♪

で、ここからが本題。
USBケーブルでPCに接続して、Windowsムービーメーカーで録画。
『超必殺技スーパールーレットでレアお宝ゲットなるか?!』作戦の始動です。
果たして成功するでしょうか…

[高画質で再生]

レアお宝フォロボス [小説]

(見苦しくてスミマセン。これが精一杯です)
マイクも内臓しているとかで、隣のTVの「さんま御殿」の音声を拾ってますw

5回目でようやくレアお宝ゲット!となりました。
だいたい平均して5回ほどのトライで入手できているような気がします。
諦めずにチャレンジしてみてくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お見事!!

うげぇぇぇ~~っ!5回も超必殺技を揃えるとはっ!
恐るべし恐るべし、お見事でございました。
充分、見ごたえある画面でしたよ。

そこまで気長ではない私めも、最近は初回にレアを
出すことが出来るようになって来ました。
しか~~し、HPの少ない黒竜丸、ハヌマーンには
その前に戦闘が終わってしまうのですぅ~(汗)

(ノ´∀`*)てへへ…w

>ちゃるさん
レアアイテム狙いの時はせいぜい5回が我慢の限界ですw 
最初の頃より必殺チャージしやすくなっているような気がするのですが…なぜかは判りません。
レア確定が出るようになって良かったですね♪

ハヌマーン・黒竜丸はほとんど攻撃してないですね。でないとすぐ倒れちゃうし…w

必殺技は出るんだけど最高3人までだな~
まだ4人そろったことないです。(;´∀`)
早くやってみたい!!

そうそう、ビデオみて意外だと思ったのが扇。
剣や斧の方が破壊力ありそうなんだけど
全員扇装備だったね!お奨め武器なの?

3人揃うだけでも凄いぞ!w

>サエさん
本編中では1度も見た事がないんですよ『超必殺技』
これ、ほんとw
もし、Sランクの宝箱のある地図を貰えたら(ロッカー地図とか)、『必殺の扇』を入手すると、必殺チャージしやすくなるんです。なので、全員『必殺の扇』または錬金してさらにチャージしやすくなった扇を装備させています。
宝の地図の魔王戦でも、超必殺技が出ると有利になるので、通常の剣より良いかもしれないと思ってますね…本当は剣でビシバシの方が格好良いから好きなんだけどな~w

なので攻撃力は剣ほどではないとしても、ある意味「必殺の扇シリーズ」は最強の武器と言えるかもしれません。「必殺の扇」限定ですね。入手できない時は『はやぶさの剣(改)』が大ダメージを与えられるので愛用していました。

必殺チャージするコツもいろいろあるようで
・大ダメージを受けたとき
・武闘家、レンジャー、スーパースターが居る
・魔法戦士の証を装備している(転生で貰えます)
などの条件が重なると、チャージしやすいようですよ。
本編中で超必殺技を出せたら伝説になるかも?
(;゚д゚)ァ....でも、レベルが低いとチャージしているターン数が短かいという話を聞きました…いや、伝説になりますね。
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。