スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シヴァクラス(どこでもヨガ)

シヴァとはヒンドゥー教の最高神だそうです。
マジンガーZを呼ぶときの三つの心は「正義」と「愛」と「友情」ですが、ヨガでは
「調和(サットヴァ)」「情熱(ラジャス)」「安定(タマス)」の三つの心の状態をさすようです。

・サットヴァ(調和):心のバランスが取れた理想の状態
 愛情、優しさ、知性をもたらし心身ともに健康
ラジャス(情熱):ハートが熱い状態
 ときには情熱も必要だけど増加するとイライラ、怒りとなって心を乱します。
タマス(安定):心が落ち着いている状態
 度が過ぎると怠惰や停滞を引き起こす。
 「マッタリしすぎも良くないのだ(仙人談)」

ラジャス(情熱)かタマス(安定)に心が偏った場合、サットヴァ(調和)になるように調整する必要があるとのこと。イライラしたり落ち着かない時はタマス(安定)的ヨガを。だるい、めんどう、気が滅入るという時はラジャス(情熱)的ヨガをやってサットヴァ(調和)に近づくように心がけるそうです。

さて、いざシヴァクラスを始めてみるとせわしないのなんの…
ブートキャンプで言えば、スローでやっていた所をダブル(倍速)でやるような感じです。10分もやれば体が温まり、20分ではぁはぁ息が上がって汗がにじみ出ます。とても動的な情熱のポーズなのでしょう。
しかしのんびりスローなポージングになると汗も引き、心も落ち着いてきます。これが安定のポーズということになるんでしょうね。
わざわざ情熱と安定を体験させて、最後はシャヴァ・アーサナ(寝転がって静かに呼吸を繰り返す)で調和させてしまう流れになっているようです。
まだ、形を真似している段階ですが、体と心を同調させながらやればヨガのなんたるかが見えてくるのかも知れません。情熱を感じながらとか安定を感じながら、最後は調和へと戻していく…精神的な心地良さ、肉体の心地良さが同時に溢れてくるのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

痛い所をみごと、突いてるな~。
イライラ・怒り・怠惰や停滞←私(あはは笑。)

>らすこさん
静動、陰陽、浮き沈みが激しい人ほど、かえって調和がとりやすいかも知れないと考えたりします。
感動の薄い人は、どの辺が中間ポイントなのか判りにくいんじゃないかな? それより両極端にハッキリしているほうが、中庸のバランスを会得しやすいはずですよ。(*^ー゚)b
「わし、今良い事言った(仙人談)」w
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。