スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eco(42)追尾装置の改良

アルカリ電池を探したけど見つからない…
見つけたのはオキシライド電池(((( ;゚д゚)))アワワワ
電圧を測ると一つは0.6Vで使えません。もう一つは1.6V!多少オーバーしてるけど、まいっか~ってことで半周だけさせてみることにしました。
午後11時40分  午後1時40分
結果は180°の回転に14時間(PM11:40⇒PM1:40) 地球の自転速度の85.7%の速度です。遅れてます。でも、日照時間が10時間ほどとして、このくらいの誤差ならソーラーパネルを固定して放置するよりも遥かに効率は良いでしょう。アルカリ電池はまた機会がある時にでも導入するとして…本当の原因が電圧でもなさそうだという結論にガッカリです…。(´・ω・`)ショボーン  で、とりあえず出来る事として…

アームの縮小前  アーム縮小後
アームが不必要に長いため、慣性モーメントが大きくて回すのも大変だろうということで2cmほど縮めてみました。さらに軽量化させるのにあちこち削ったり、ビスも短いのに変えたり…気休め程度ですが、前よりはマシでしょう…多分。

クォーツ時計の歩度(針の進む速さ)を調整するにはどうしたら良いんでしょうねぇ…機械式時計(ゼンマイ式)なら当たり前のように歩度を調整するツマミがありました。でもクォーツ時計は水晶の決まった振幅回数があるので、調整なんて不可能のように思えます。高級な時計になれば電気的に間引いたりできるのかもしれませんが…(´ω`) ンー…

クォーツ(水晶振動子)に電圧をかけると一定の振動をするのですが、水晶をカットするときの加減などでかなり個体差が出るそうです。で、この時計は遅れるので使われなくなったのかな?なんて思ったり。それでも85.7%の速度しか出ないなんてあまりにも誤差が大きすぎますよね…
(=゜ω゜)ボー… (=゜ω゜)ボー… (=゜ω゜)ボー…
まだまだ検討の余地はありそうです…。

さて、実際に太陽を追わせてみました。陽が傾いて光度が落ちてきても、接続した冷却ファンは回り続けています。
太陽を追わせてみた
朝はフライング気味にセットしておいて、太陽が追いつくのは正午。それから少しずつ追い抜かれて…夕方にはお見送り。今はこんな感じでも良いかもしれませんね。でも、こうやって実際に設置しておくと、このシステムを見ただけで、「今太陽がどこにあるのか」とか、「赤道面はこんな風に傾いてるんだな~」とか「地球の自転がリアルタイムに見えてくる」ような気がして面白いです(*^ー゚)b

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(ーー;)

むつかしいな・・・

>らすこさん
(;゚д゚)ァ....熱中しすぎて判り難くなってるのかな…
じゃあ 判りやすいネタでも…
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。