スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eco(37)ソーラー虎の巻

ソーラーパネルを利用した今までのアイデアが、この本1冊に凝縮されていました。
ソーラー虎の巻
『(自分で作るソーラーシステム)太陽電池のしくみがわかる実験と工作・辞典』

・スターリングエンジンを凹面鏡による集光で動作させる車
・時計を利用した簡易赤道儀でいつも同じ場所に太陽光を照らす装置(ヘリオスタット)
・太陽光を自動追尾するICチップを利用したシステム

ストレートにアイデアと同じ物が書かれていた訳ではありませんが、ヘリオスタットでは鏡を利用するかわりにソーラーパネルを乗せれば、そのまんま自動追尾装置になってしまいます。そこらにある単三電池1本で動作する時計の裏の『黒いボックス』を利用して、実際に動作させてしまっている所が自分より一歩先を行ってます≧(´▽`)≦アハハハハ 「やっぱり上手く行くんだ~へぇ~。」みたいなw
工作例が載っているので、すぐにでも作成できそうです。

それと、ICチップを利用した自動追尾装置は、電卓に仕込まれている小さなソーラーパネルをセンサーとして利用して、それをダイレクトにモーターの駆動スイッチにしています。太陽光がズレたら、センサーのスイッチが切れるので、再びスイッチが入るまで首を振っていく訳ですね。しかもモーターの駆動にはソーラーパネルを利用するので、電源も不要です。イメージとしては『ひまわりロボットが常に太陽を探して、その方向に顔を向ける』という感じです。
これにはちょっと驚きました。なるほど~モーターを制御するICチップも便利だけど、センサーとして太陽電池を使うのも衝撃的ですし、これほど単純なシステム(パーツが揃えばさほど工作時間の必要なし)で、意図したこと(太陽自動追尾)が出来てしまうことに感嘆です。脱帽です。さらに軽くパニック状態ですw 一人で階段の隅っこで落ち込んでいたい気分です。≧(´▽`)≦アハハハハ… orz

でも、ヘリオスタットを作った方が簡単なので、そっちを作ってみようかな?…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。