スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eco日記(4)

条件が良くないのなら、集光率を上げるしかない!
ってな訳で、反射板とか傘を利用したパラボラ集光器を考えてみました。
傘は反射の角度が曖昧なので、反射板のみの場合です。
反射板付き自動追尾装置
普段ならソーラー発電機の上下左右を通過してしまう太陽光をキャッチしてソーラーパネルに集めてしまおうという物です。パネルが常に太陽に直角になるようにした場合のみですが、左右の反射板だけで244%。上下左右なら380%の太陽光が集められます(通常100%として)。
反射板にはアルミホイルの艶のある方(鏡面)を利用します。ただ…発電機が熱で壊れる可能性が倍増してしまいます…。なので、夏場は反射板を1枚、冬場は4枚と調整しないといけないでしょうね。

現実はこんなもんです↓…
曇天でも発電?!
(鏡を脇に立ててみたw)上の理想図からはすごいギャップ≧(´▽`)≦アハハハ
でも、直射日光が当たっていないのに発電ランプが点滅していますよ?!?!
曇天で、雨が降るほどの厚い雲ではなく、空は眩しいくらいの白い雲に覆われています。
雲が太陽光を拡散して、結果として物凄い光量が射し込んできていると考えられます。晴天では直射日光が差し込まないので発電しないというのに…

もし、全天が白い(眩しい)雲に覆われていたら、あらゆる(見える)方向から雲で拡散された光が射し込む事になるので、結果的に直射日光よりも凄かったりしてね…(=゜ω゜)ボー 新たな発見をした日でした。まる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おもしろい~。どんどん進化?してますね?特に脳内イメージ。
集光による火事だけはお気をつけ下さい。
・・・って、そんなこと、大丈夫ですよねー。らんなーさんだもん。

>りゃんりゃんさん
必要は発明の母って感じですよね…
予想外の事をあらかじめ想定しておかないと かなり危険です≧(´▽`)≦アハハハ
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。