スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(例題)ハートを作ろう♪(2)

今回はもっと単純な作業でハートを作ってしまう方法の紹介です。

(1)基本図形で立方体を選び、仮想図形の状態(水色ライン)で直方体になるようにハンドルを操作して[Create(作成)]します。ここではScaleボタンを押して、青と赤のハンドルで細長く成型しています。
(1)直方体(1a)直方体
出来たらF3キーで正面から見えるようにします(右図)。

(2)操作パネルで直方体を少し回転させます。Z軸(青軸)を中心に回転させたいので、Zボタンを押してドラッグします。その前に全選択([選択コマンド]⇒[接続面]で直方体を触る)することを忘れずに。
(2)Z軸回転
ドラッグ方向は、見ている方向で変わってきますので、適宜変えてください。

(3)コマンド[ナイフ(K)]を選び、[ナイフで面を切断]ボタンを押します。Y軸方向(緑線)でまっすぐカットしたいので、オブジェクトの外で切りたい位置でクリック。shiftキーを押しながら、下方へドラッグすると、カット予定の水色ラインが表示されていきます。マウスボタンを離せばカット完了です。
(3)ナイフで面切断(3a)ナイフで面切断
面表示ボタンをOFFにすると(右図)、切れている状態が判ります。

(4)コマンド[範囲(R)]を選び、カットした面の左側にある点を全て囲って選択します。
(4)範囲選択(4a)範囲選択


(5)キーボードの[DEL]キーで選択された部分を削除してしまいます。
(5)選択範囲削除


(6)ここで、切断面がY軸(緑線)付近に来るように、全選択してからX軸方向(赤線方向)へ操作パネルで移動しておきます。Y軸より多少右側に出る気持ちで移動させてください。F3キーで正面から見ないと、どこまで移動したか判らなくなりますので、習慣づけてくださいね。
(6)X軸移動


(7)オブジェクトレイヤー[obj1]をダブルクリックして、オブジェクト設定画面を開きます。
・曲面タイプ1 でも・Catmull-Clarkでもいいので曲面設定をします。分割数は多いほど滑らかな曲面が描かれますが、ファイル容量の都合を考えたりして分割数を調整してください。
さらに・左右を接続した曲面 にもチェックを入れてください。OKボタンを押すとあら不思議…
(7)オブジェクト設定(7a)オブジェクト設定
既にハートが出現しているではないですか。後ほど型枠で編集する予定があれば、この状態で保存しても良いでしょう。

(8)メニューの[オブジェクト]⇒[曲面・ミラーのフリーズ]を実行するとハートの形が実体化します。
(8)曲面・ミラーのフリーズ(8a)曲面・ミラーのフリーズ(8b)曲面・ミラーのフリーズ


(9)ワイヤーフレームを不可視(面のみ表示)にして曲面の形状をチェックします。良い出来ですw
(9)完成


一つ一つ説明すると大変ですが、やってみればアッという間の作業です。
今回の目玉は【ナイフ、範囲選択、選択範囲の削除、対称図形の半分で作成】などなどです。
既にいろいろ応用が利いてくる頃ではないでしょうか…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まるでマジックのようですね。
最初、上から順に見ていったとき、一体どこがどうハートになるの?と思いましたけど、後半でなるほど!(スッキリ)。そこで、もう一度上から見直してみると・・・らんなーさんの頭の中が見えるようで、楽しい(笑)。

>りゃんりゃんさん
(/*゚ω゚)そうかもしんない…w
最初にイメージありきですからね~。最後にイメージが実体化するけども、
実は最初からそういうイメージ(頭の中w)で見ている訳です。

造形していく方法は無数にあるので、イメージになるべく忠実なやり方を選んだり模索していくのも楽しいですよね。
次はどうしようかな~ 図形の合体なんか良いかも(*^ー゚)b
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。