スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『温暖化』の真相?

1年間に使用した電力やガス、ガソリンなどを記入する用紙が届きました。
CO2排出量の調査表のようです。

しかし、『もしCO2が関係ないのなら火力発電やソーラー発電でも良いじゃないか。』
と思い立ち、地球温暖化の真相を知りたくなってきました。

人間が生み出す二酸化炭素(CO2)が、直接地球の温暖化に関係があるのかどうか…
ちょっと調べてみたら、何やらきな臭い香りがしてきました。


南極の氷を掘ると(ボーリング)、現在から34万年昔にまで遡る
氷のサンプル”を採取する事ができるそうです。
氷に含まれている気体を調査している東北大学理学研究所の分析によると
当時の海面の高さ、気温、二酸化炭素の濃度 などが判るそうです。

(↓クリックで拡大)
氷床コアサンプル
(※結果グラフを大まかに真似して描いています)
【情報ソースはこちら】

34万年前の様子が判る!というのも驚愕でしたが、その結果にも驚きました。
温暖化と寒冷化が周期的に訪れているではありませんか。
右端が現在なので、グラフからちょうど温暖化の時期ということになりそうです。

これだけで、全てが見えたような気がします。
たかだか人間の出したCO2なんて微々たる物。現在は温暖化の時期なのだ!と。

1980年に「寒冷化の論文」とともに「温暖化の論文」が出現したそうです。
それから様々なシーンで”温暖化”が取り上げられ、現在に至るとの事。
たかだか30年ぽっちの絵空事が、34万年の実データに敵う訳がないではありませんか。

他にも良い発電方法はあるでしょうが、「とりあえず火力発電で間に合うんでない?」
という考え方になりました。

しかし… 調査票書いて出すんだろうなぁ…


※個人的、直感的な意見です。あしからず。
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。