スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3DS体験

3DS入手しました。
Amazonで予約していたリッジレーサーも届きました。

早速、起動して見た感想は「おお!浮き上がっている」
タイトルが液晶画面辺りにあって、背景が奥に3mmほど引っ込んだ感じ?

ど派手な飛び出しを期待していましたが…
3D液晶想像2

実際は下図程度に抑えられているようです。
3D液晶実際

液晶のフレームより向こう側に深い空間が出来上がったような感じですね。
(´ω`) ンー…

標準でメモ帳が付属していて、ゲームを中断してメモを取るのに便利そうです。
このメモ帳の起動画面でタイトルの周囲を回っている鉛筆が、液晶画面よりこちらに
10mmほど(?)飛び出している感じがします。
3D液晶実際2

これくらいの飛び出した立体感なら、安心して見れる気がしますね。

というのも、個人差がかなりあるだろうと思っていた裸眼立体視なので、
ドーンと飛び出した画像になると焦点を合わせるのがかなり辛くなってきます。
左右の視力・動体視力に差があれば尚更シンドイと思います。

付属のARゲームズに『キャラクターと撮影』というのがあり、
メトロイドの主人公サムスがビームを発射しているポーズがあって、
このビームを画面のコチラに向けるとかなり飛び出す感じになるのです。
で、その飛び出したビームが立体視できないという辛い状況…(;´Д`)
身体はちゃんと見えているのにビームに焦点が合わないのです…orz

リッジレーサーのように、画面フレームの奥行きだけで空間が広がっていれば
焦点を合わせる苦労も少ないので、比較的安心して見ている事ができます。
そういうことなのか…

『比較的』と言うのは、立体視できる範囲があるために、
画面の傾きや顔の移動などで、映像がチラチラしてしまうのです。
およそ30cmほど画面と顔を離して見るのですが、そこから顔を横に少しずらしたり
画面を左右に傾けてしまうと、左目で見るべき画面が右目に入ったり、
またその逆のパターンが発生して、立体視が成立しなくなる事が多々あります。

アクションゲームなどでボタンやスティックをガシガシ操作していると
多少なりとも画面は傾きますよね…(; ̄ー ̄A

そんな訳で『慣れる』事ができるのかどうか、まだまだ様子見という気がしています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。