スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風接近で

室温が31℃に下がった夜だというのに、じんわり汗が出ます。
そこで浮かんでくるのは『不快指数』という言葉。
早速調べてみると、CASIOが精度の高い計算ページを公開していました。

【不快指数の計算(CASIO)】 (←クリックでジャンプします。)
※URLに不具合があったのを修正しました<(_ _)>

現在、「室温31℃ で 湿度66%」 これを入力して『計算』ボタンを押すと…

不快指数:82.2 →体感:暑くて汗が出る

(;´Д`)… 間違いなく ”不快” ということのようですね。
ええ、それは先ほどから嫌というほど体感してますよ…

不快指数75あたりから日本人の体質は「不快感」を覚え始めるようです。
では逆に不快指数を75にするには、湿度を何%にすれば良いか…
上記の計算ページでちまちま入力して確認してみました(ノ´∀`*)でへへ…

その結果 31℃で 湿度:22%!!

いや、ちょっと待て。
湿度だけを下げてみたら、結果として乾燥しすぎな数値ではないのかい?

調べてみると
なんでも湿度が60%を越えるとカビやダニが活性化して、
40%以下になるとウイルスが活性化するのだそうなっ!

都合40%~60%という範囲が、年間を通して人間には都合の良い湿度になるそうです。
(´ω`) ンー… という事は、「除湿だけではなく気温も下げないといけない。」

仮に室温を28℃に下げるとして…(またまた計算ページでちまちま入力)
すると不快指数が75になる湿度は45%!!

おお!(ノ゜⊿゜)ノ 室温を3℃下げ、湿度を17%落とせば良い事に。

なるほど~ 少し見えてきたような気がしますね。(=゜ω゜)ボー…

その他にも「快適さ」に影響する要素が色々とあるようで、
”快適さの追求”も奥が深そうです。⊂(_ _⊂⌒⊃…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。