スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯中継の事

サッカーをTV観戦していて、ふと…
TVにマウスカーソルを当てて、プレイ中の画面をぐりぐりと
観やすい角度に回転させたり、拡大縮小したい衝動にかられます。

で、( ゚д゚)ハッ!としました。
3Dモデリングソフトに慣れてしまうと、
(※特にメタセコイヤ等の画面をマウスで回転できるソフト)
今話題の3DTVでも観られない、自由な映像を求めてしまうのです。

もし、これを実現しようとすれば、
現地のカメラを手元で意のままに操れる装置が必要です。
1台だけ4本のケーブルで宙に浮いたカメラが設置されていますが視聴者の自由にはなりませんし、プレイ中に利用される事が少ないような気がします。それに、求めていないタイミングでスロー再生が多用されたりと、イライラしてしまう事が多々あったり…。

殆どのリアルタイムな映像は、ピッチの横-やや上方からのものばかりなので
奥方向のプレイヤーの距離感が判りにくい。
何が言いたいかというと、そんな奥行き感が欲しいのではなく、
縦、横、斜めとプレイヤーからやや引いた視点で追いかけて観たいんですよね。

それなら3Dのシミュレーションゲームでもやってろ!
あるいは、プレイヤーになれ!という事になりそうですが、それはそれ。
F1グランプリで、車載カメラが標準になっているように、
選手1人1人にカメラを装備してもらうか?! あぁ、それは迫力だろうな~w
でも、体に固定してしまうと選手の視線が追えないので、
詰まる所『視線カメラ』の装備ということになるでしょうか。

我侭もここまでくれば… ≧(´▽`)≦アハハ


ジャブラニボールをモデリングしてみると、
ジャブラニ・ボール
構造上ぶよんぶよんしている気がしてきました。まるでゴムマリのような…
実際は硬いのだけど、蹴った力が”少ないがゆえに広い面積のパーツ”に
吸収されてしまうようなイメージがぼんやりと浮かびます。

フィールドも簡単に作ってみました。
サッカーフィールド
そうそう、こうやってぐりぐりと納得できる角度から見たいんだよな~。
ホイールをくりくりすれば瞬時にズームアップ!!
などと、改めて感じてしまいました。

選手たちの予測不能なプレイにカメラが追いつかない事も多々ありで、
スポーツ中継の難しさはよ~く判ります。でもね~…

今夜は『ウルグアイ×オランダ』戦ですな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。