スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wiiで画像比較

見れば見るほど地デジは綺麗だぁね…(*´ -`)~3

しかし、それだけに地デジ以外の外部入力機器の画質が、なんというか…
どーにも気になって仕方がないのも事実です… (´ω`) ンー…
そこで、どれほど違うものなのか比較してみましたよ。

Wiiで・AVケーブル ・S映像ケーブル ・D端子ケーブルを挿し替えるだけですが
まずはWiiの設定画面で
プログレッシブ方式に
”インターレース方式”から”プログレッシブ方式”に変えましょう。
※インターレースは旧来の方式で、技術的に秒間30フレームの画像しか送れなかった為
1ラインずつ間引きした画像(データ量が半分になる?)を交互に送ることで、滑らかに
動いて見えるようにしたそうです。人間の目には視聴できるレベルでしたが、
静止画を撮ると1ラインずつ飛び越して僅かに違う画像が表示されている訳です。
ちらつき(フリッカー)が目立ったのも、このインターレース方式が原因でした。


さて、ケーブルを差し替えつつ同じ場所でのゲーム画面をデジカメで撮影です。
接続方法による画像比較
上から順に・D端子接続・S端子接続・AV端子接続。
以前のTVでは黒いラインが入って上手く撮影できなかったTV画面ですから、こうやって比較できる写真が撮れるのも実は凄い事なんですよね…。

【D端子接続】
明らかに綺麗なんだけど、地デジ画像には僅かに及ばないといった感じです。それもそのはず、Wiiの表示解像度は縦方向で480本。HDハイビジョンは1080本なので、TV側でWiiの画像を引き伸ばして合わせているそうです。つまり”解像度を計算し直して表示する”という回路がいかに優れているかどうかにかかってくる訳ですね。それでもREGZAの性能はここまでクッキリ見せてくれています。

【S端子接続】
そんなに悪くない、というか綺麗な方ですよね。薄いオブラートがかかっている感じです。
画像を並べてやっとその差に気付く感じ。横方向に画像が伸びているのが不思議です。

【AV端子接続】
これには驚いた…。画面の奥で誰かがお湯を沸かしているような…そんな感じ。
移動すると顕著にグツグツブクブクと沸騰します(;´Д`)
今までのTVなら気にならなかったのだけど、これは頂けませんな…

接続ケーブルでこんなに差が見られるというのも、ハイビジョンTVならではでしょう。
勿論、デジカメで撮影した後の写真データにフィルターはかけてません…

…って嘘つきました。ごめんなさい<(_ _)> ちょっとだけ明るさを統一してあります。
あと、ブログ用にリサイズもしてましたーっ!!≧(´▽`)≦アハハ


アップ画像~
アップ画像

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

D端子、確かにすごいですね(@_@。AVとSとでは全然ちがう
この映像のTVはレグザですか?

wiiがブラウン管の方が綺麗に映るのは自分も知ってるんです。
実はPS3も自分持ってるんですが、DMC4をやった時、ブラウン管と地デジTVだと、それほどショックを受ける違いはなかったですね。
別にブラウン管でもいいんじゃね(=´Д`=)みたいな・・・
今のゲームもブラウン管で十分なのかもしれませんね
でも置くとこないや~(=´Д`=)

>にじさん
REGZAの画像をデジカメで撮影しています。
ブラウン管での画像を撮影すると、インターレース特有の”黒いライン”が
入って、なかなか思うような撮影ができません。
(地デジ画像なら写真撮影できるというのが、凄いですよね)

AV端子はさすがにもうダメです。(;´Д`)
初めてファミコンをRF端子(アンテナ端子)に繋いでゲームした時のような
そんな感覚にしか見えないという…
S端子はそこそこ頑張ってますよねw
でもD端子が予想以上にぼやけてて衝撃だったのも確か。
アナログ信号だと知ったときはガッカリでしたね。

PS3はHDMI端子で接続されているのかな?
もし、そうでなければ是非HDMIに換えてください!w
それならハッキリと違いが判るかも?ですよ。
Wiiは最低でもD端子に… orz 仕方ないと諦めるしかありませんが。

前のブラウン管TVはゲーム専用にして使っています。
プリンターを置くスペースがなくなるので、3段の金属フレームの棚を
購入してきて高層化してありますw
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。