スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙天気?!

2010年2月から配信が始まったという『宇宙天気ニュース』!
(*゜ω゜)ンッ?宇宙天気?…気象衛星からの天気とは違うのかな?
そう思いつつ配信サイトを見てきました。↓

【宇宙天気ニュース】
週一(金曜日夕方に更新される)のテスト配信だそうです。

なるほど… NASAが太陽の活動に警鐘を鳴らした事もあるし…※
※太陽活動の周期がおおよそ11年とされていて、計算上では2008年(?)あたりから太陽活動が活発になり、「過去数百年来の大きなものになりそうだ」と予測され、NASAが警鐘を鳴らしたという経緯があります。これが大幅にズレてきていて、黒点が増加するのではなく逆に殆ど無くなってしまった近年です。後に天文学者の指摘により警鐘は取り下げられたようですが…

2012年は映画になったように『マヤ暦による予言』そして『ノストラダムスの予言』まで持ち出され、太陽活動の極大期に入りそうだというNASAの指摘もあり、無関心ではいられないという意向から、宇宙天気ニュースなる情報サイトが立ち上がったのかもしれません。

「黒点が無くなってきた」という数年にわたる動画をどこかで見つけたのですが、年を追う毎に徐々に減ってきて、2008年頃には本当に黒点が無くなってしまいました…不気味です。
(((( ;゚Д゚)))ガクガク。『嵐の前の静けさ?』そんな感じ。予測された11年周期が、今期は間延びしているようなグラフもあり、それが何を意味しているのかと…

過去に太陽活動極大期を迎えた時、磁気嵐が激しく大停電を引き起こしたり、通信網がストップしたり、北海道北部でもオーロラが観測されたり…と様々な影響が記録されていました。地球が壊滅してしまうほどの影響ではないので、映画の様なパニックには至らないとは思いますが、ミツバチが大量に減少してしまっている大きな原因は太陽からの磁気嵐なのだそうです。今度、太陽活動が極大期に入ってしまったら、「カラスの天敵でもあり様々な作物の交配をしてくれるミツバチ」は全滅してしまうかもしれません…。・゚・(ノд`)・゚・。

『生態系が壊れる』という観点から見れば、実は人間にとって”恐ろしい影響”と言えるのではないでしょうか。身を潜めていたバクテリアやウイルスが猛威を振るう事になるかもしれません。人間にとっての害虫を駆除してくれていた鳥達も減少し、さぞや住み心地が悪くなる…いや、全ての生き物は病弱になり、生存する事すら危うくなるのかも…
そんな妄想が走り出します。

数ヶ月に一回はチェックしておきたいですね… (=゜ω゜)ボー…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。