スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ノッティングヒルの恋人』

TV放映されていたのを録画したのだけど、開始5分ほどは横目で見てて
「あ、今は観たくないかも…」とTVを消してしまいました。(;´ω`)

『ローマの休日』を現代風(まだ携帯電話が無い頃?)に焼き直した様な英国映画だそうな…。しかし…とっかかりの”出会い”からして、なにか不自然さというか違和感を拭えなかったので、30分ぐらいは我慢…我慢…
そのうち、だんだんのめり込んできましたよ(ノ´∀`*)
ラストシーンでは監督の思いのまま感動を味わってしまいました。

有名映画女優アン(ジュリア・ロバーツ)が旅行専門書店主タッカー(ヒュー・グラント)に惹かれていった経緯が未だに判らないんですよね。ゴシップを避ける意味合いで滞在中のホテルを抜け出し、ノッティングヒルの街をフラフラと…偶然に立ち寄った書店…
今思い出しても不自然な出会い… (; ̄ω ̄A
文字にしてみると、ローマの休日をそのまんまトレースしようとしていたのがクッキリ見えてきました。あぁ…なんかすごい無理があるのなぁ…なるほど…と。

『ローマの休日』が逆にキラキラと輝いて見えてきました。
どのシーンを思い出しても秀逸だったなぁ… (=゜ω゜)ボー

とは言え「ノッティングヒルの恋人」にも見所はあります。
冴えない脇役達が冴えない店主を応援していくという暖かい環境。
観ていてほのぼのとした優しさに包まれていきます。しかし、いざ行動する!となった時の友人達の実行力は、人が変わったのか?と思うぐらい頼もしく、感動のエンディングへと繋がっていくのでした。まる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。