スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『封印された神』

【封印された神】

地下の暗闇で目を覚ますグランゼニス…
「(ρw-).。o○ んっん”~」
昨夜の事を思い出そうとするが、二日酔いで朦朧(もうろう)としている。
「それより、ここはどこだ?…」

「…おぉ我が可愛い娘セレシアよ…(´TωT`)」
「わしはなんて事をしてしまったのだろう…」
父(グランゼニス)が自ら作った世界を壊滅させようとした時、それを阻止せんと
大樹に姿を変えてしまったセレシア。

ためらい、迷い、後悔の念が渦巻くグランゼニス。
迷宮はその心を映すがごとく複雑に、より深くその姿を変えていく…。
「何故だ、なぜわしの言う事を聞かぬ…セレシアよ…」
 こんな木になどなりおって…」

しばらくして、グランゼニスは闇に封印されている事に気がつきます。
「わしを封印したな!セレシア!! くそぉ~!!
 たとえ木になったとしても、もう許さんぞ!!
 そもそも天空の宮殿はわしのモノだ! この世界も、生き物どもも みな
 私のしもべのはず! それを失敗作の人間が、地上の”王”気取りだと!」

しかし、そんな怒りも封印された闇では徐々に力を奪っていく。
「わしは…わしは誰じゃ?…名前は… グラン… 」
言葉も記憶も曖昧になりかけている。
頭、体、血液、心、目、魂、腕… 既に10の魔物へとバラバラにされているからだ。

「ん?! お前は天使か? その魂と血を我に捧げよ
 そしてこの封印を破り、再び世界を破壊してくれようぞ!!」

神とは言え、所詮グランゼニスのたった一割でしかない魔物。
主人公達の敵となるまでもなく、また封印される日々が続くのである…。

------------------------------------------------------- continue ---------


宝の地図の10匹の魔物
黒竜丸、ハヌマーン、スライムジェネラル、Sキラーマシン、イデアラゴン
ブラッドナイト、アトラス、イボイノス、アウルート、レパルド

彼らの戦闘前の口上と、モンスターリストによる解説を元に、
一連のストーリーとしてまとめてみました。
あぁ!そういう意味だったのか!!と再認識すると、新たな興奮に包まれました。
しかも、これだけには留まらず、”グランゼニスは一人娘と暮らしていた
という事実も明記されていました。これが意味するのは、
『サンディはグランゼニスが生んだ存在ではないらしい』という事。
セレシア自らがサンディを”分身”そして”妹”と語っていたことから、
サンディはセレシアが生み出したのだと考えて良いでしょう。

しかし、あの厄介なおじさん(グランゼニス)が復活することはあるのだろうか?
と考えた時、あぁそれもアリだな!そして、激しいバトルの末、
大団円が訪れるのだろう…
そんな想像をして楽しんでしまいました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。