スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ローマの休日』

とうとうあの名作『ローマの休日』(1953年)を観ました。
TVで部分部分を観た記憶はあるのですが…、最初から最後まで
描かれている機微を見逃さないようにじっくり観たのは初めてです。

重々しい舞台背景とは裏腹に、王女の足取りは軽かった…(´▽`*)アハハ
まるで童話を焼き直し、大人が楽しめる話に生まれ変わったような感じでした。

長い人生の中の、ほんの1日の出来事なのだけど、
その特別な日が結晶化したような珠玉の1本でした。

何も語らずとも、背負った運命や気持ちを察する事ができる。
そんな貴重なシーンが凝縮していたような気がします。

楽しめました~♪(*´ -`) ほんと。

※階段でジェラートを食べているシーンで、時計の針が異常な進み方をする指摘を
 思い出してしまって、つい凝視してしまいましたよ(ノ´∀`*)でへ。


※「真実の口」のシーンはグレゴリー・ペックのアドリブ(監督と相談済み)で
 オードリー・ヘップバーンの驚きは”素”(演技無し)なんだとか!!
 ≧(´▽`)≦アハハハハ 最高ですね~♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。