スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオミメティクス!

ネイチャーテック』で好奇心を掻き立てられ、調べていると…
海外では『バイオミメティクス(Biomimetics)』(生物模倣学)というものが存在する事が判りました。
古くはレオナルド・ダ・ビンチの研究などが挙げられますが、
近年の技術はナノサイズ(1mの1億分の1)で物が加工できるほどですから
改めて自然が生み出してきた知恵にメスを入れることが可能になっているそうな。

膨大な資産がそこ(自然界)にある。
だけど、それに気付いて有用な物へと応用していくには
人類の全ての時間をかけても不足かもしれない…(=゜ω゜)ボー…


これまでに商業的に大成功したものはマジックテープ(ベルクロ)ぐらいだそうな。
※犬の毛に付着した、植物の種がヒントになったそうです。
え?それだけ?!( ̄Д ̄;) と思いますが、”大成功”ではなくてもインパクトが薄いだけで、何らかの応用は普及しているんじゃないかな?という気がします。需要が一般的ではないだけで…自然界で見つけるより早く、実験から生まれているものもあるかもしれません。
模倣していなければバイオミメティクスではないという事なら納得ですが、
そのまま模倣するよりも新たに開発した形状の方が優れているという事もあるでしょう。
まぁそんな細かな事はどうでもいいのだけど…w

一昨年、一世を風靡したスピード社の魔法の水着『レーザーレーサー』の謎が
今頃になって解けました!(遅いっちゅーにw)
水着を着るだけでタイムが縮むという衝撃的な事実。
「なんでだ?どうして?」と検索するも企業秘密だから解明されないのかな?と
放置してしまったまま忘れていました。

早くなった大きな要因は『締め付け効果にあり』ということです。
これもよく耳にしていましたが、具体的に締め付けがタイムを縮める事が判らず終い。
しかし、丁寧に解説されたページが見つかり、ようやく納得。
・人間の体は、筋肉が緩んだ部分や筋肉が無い部分が水中でブルブルと変形して
 ”水の抵抗を生んでしまう”ということ。
・水の抵抗を減らすには、単純な流線型に近づけるのが最も優れているということ。


あぁ、なるほどっ!!それで四方八方から身体を締め付ける水着なのだな!と。
マグロのすらりとした力強い体型を想像すれば判り易いかもしれません。
きちきちに締め上げれば、きっとマグロのような理想的な形になるはず…

でも…これって『魚に学んでいる』ようなもので
ネイチャーテックとかバイオミメティクスには分類されないのだろうか?!?!
なんて、考えを巡らせてみたのでした。まる。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

面白いですね♪
現象ありきで後から理論がついてくるものもあり。
理論から生まれる発明もあり。
人間が開発したと信じているものも、
本当は自然界に太古から存在していて、
それに気づいていないだけだったり。
実はほとんどの現象や発明がそうなのかもしれませんね♪

うんうん(^ω^)

>りゃんりゃんさん
人間本来が持っている直感的な部分が全てを把握している場合もあるし、理屈を組み立てなければ真相が見えてこない場合もありますよね。

理屈はいつも後手後手で牛歩のごとくですが、それでも着実に組み立てられて、骨子ができる。それを踏み台にすると、今まで想像できなかった拡がりに気が付いたり、発展させることが可能になったりします。
自然を模倣するだけではなく、自然を越えて進化させることができるはずです…と、ふと気が付けば自然界には突然変異や進化がある訳で、結局後手後手なんだなぁ…なんて思っちゃいますよね。
≧(´▽`)≦アハハハ

でも、そうやって自然界の一員として、人間は豊かになっていくのかもしれませんね…
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。