スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磁気嵐

↓2010年から始まった週間宇宙天気ニュース

【週間宇宙天気ニュース】 (←クリックでジャンプ)

主に太陽活動を監視して、地球への影響などを大雑把に教えてくれます。

先日(5/11)太陽に彗星が衝突してドーンと爆発した映像がNASAにありました。
(ニュース記事の動画は捏造されているようなのでNASAのライブラリーから見てください
 タイムスタンプが11-May-2011のものです。
)

それから、先週は太陽表面で大きな爆発が何度かあり、地球にプラズマが届いています。

【巨大な太陽フレア】(Youtube)


大きな磁気嵐が地球を襲うと、地球の磁場全体がかき乱されるので、
人工衛星や通信、地上電力網などに深刻な障害が発生することがあるそうです。
アメリカでは当然のようにこの影響を懸念して備えています。
太陽観測衛星を打ち上げるぐらいですから…w

さて、事前に太陽フレアの爆発を知っていたので、
プラズマが地球に届きそうな頃(約3~4日後)、某発電所の原因不明な停電、
某携帯電話の長時間の通信障害などがタイミング良く発生したので
全然不思議ではありませんでした。(むしろ地震や火山の噴火が心配だったし…)

結局、原因不明なまま復旧したようですがw
宇宙天気もバカにならないなぁ…と思うこの頃です。

その他、地球上の自然や人体への影響などもありそうなので、
注意するに越した事はありませんね。太陽の影響は想像以上に大きいのです…
スポンサーサイト

海洋汚染シミュレーション

海洋汚染のシミュレーション(フランス)

引用元:【SIROCCO】 (←クリックでジャンプします)

海洋汚染シミュ
(画像クリックで拡大します)


【ぼやき】

地球に生命が誕生した頃は、海の中が最初だったそうです。
地上では降り注ぐ宇宙線が強く、とても生命を維持できる状態ではなかったとか。

やがてオゾン層が厚くなり、宇宙線の大部分が遮蔽されるようになってから、
ようやく地上へと生命が進出してきました。

国立科学博物館には霧箱が設置されていて、宇宙線が降り注ぐ様子を
リアルタイムに見る事ができます。

【国立科学博物館】霧箱 (←クリックでジャンプします)

現在でもこんなに宇宙線が地上に届いているというのも驚きです。
東京を放射能雲が覆った時、放射線の飛跡が凄かったとか…?!

空中に浮遊するラドンも放射線を放っていますが、人類が誕生してから
意識する事は殆ど無かったのではないでしょうか。(影響はあっても繁栄することができた)

車が発明され、車社会になった事で交通死亡事故のリスクが生まれました。
放射線医療や産業が生まれたことで、交通死亡事故と同程度のリスクを上限にしたものが
年間1mSvという数値だそうです。
単純に交通死亡事故のリスクを1とすれば、放射線によるリスク1を加えて1+1=2

交通死亡事故と比較するのは無意味です。
あえて言えるのは交通死亡事故が2倍のリスクになった事と等価であるということ。
(それも”2日以内の即死”以外の疾病や障害は考慮されていません。)

”レントゲンやMRIなどの放射線医療を受けるなら仕方がない”という規制値だった所に
原発事故で放出された人工放射能が人体に良い影響を及ぼすはずがありません。
過去にあった核実験や原爆、原発事故による放射能の影響は今でも世界中に存在し続けます。

人類にとって最大の環境汚染は人工的な放射能ではないでしょうか?
折角地上に住めるようになったというのに…


原発に何のメリットがあるのかさっぱり判りません。

CO2を発生しない
→海水を毎秒60t 7℃暖められた温排水は海洋からのCO2発生量を増やします。
 日本沿岸を暖め続けているという事実は、海水本来の冷却機能を妨げて
 その結果として暑い夏がさらに暑くなります。
 さらにCO2を悪者にする事には何も意味がありません。
 温暖化と結び付けたいのでしょうが、CO2の影響なんて関係なし!
 自然界の成り行き上温暖化しているだけであって、数万年後には寒冷化の時期が訪れます。
 十数万年前の温暖化の時期に先人類が絶滅したでしょうか?
 人間が自然の流れを変えようとしても無駄なあがきとしか思えないのですが…
 これから温暖化が進んでもせいぜい地球の平均気温は現在+3℃程度(氷床コアの分析より)。
 また寒冷化しても-8℃程度のようです。我慢できる範囲ではないでしょうか?

クリーンなエネルギーである
→作業員が放射線被曝ゼロで済ます事は不可能だし、作業後のシャワーや掃除で
 除洗した水は一体何処へ行くのか? (設計図で公表されない排水ルートがあるとか…)
 事故発生時や、定期点検中の放射能の漏洩はゼロではありません。
 CO2に対してという事であれば、上項の理由から無意味です。
 また、核廃棄物、使用済み燃料を無視してクリーンと言うならとんでもない。

( ´Д`) ~3

TVで「温暖化」とか「CO2削減」「環境問題」なんて聞こえてきたら
即行でスイッチを切りたくなります。
その他にも「風評被害」「安全です」「健全です」も反射的に拒否反応が出ます。
躍起になって原発を擁護しようとする動きにも我慢できなくなります。

先日、とあるビデオを観ていて吐きそうになりました。
それは…「東海村jcoバケツ臨界ウラン放射線・放射能被爆事故

映像がショッキングとかそういうことではありません。
治療に当たっていた看護士さんの話を聞いているうちに、
放射線の影響というものに心底恐怖してしまったのです… orz
恐怖で吐きそうになるなんて初めてでした。

他にもチェルノブイリ原発関連のビデオを沢山観ました。
放射線が染色体を分断して、その後の細胞分裂に支障をきたしている
顕微鏡撮影された映像も観ました…

決して記録としてカウントされないであろう各種の症状… orz


政治家の方にはもっともっと勉強して真実を見て欲しい
それまで待てないので、とにかく自己防御するよう心がけてください。

とんでもない健康アドバイザーが福島県に就任してしまいました。
人間として信じられないことが原発事故によって多々発生しています。


あと、放射線による差別問題… 何がショックだったかと言うと
差別をしてしまう子供達の心。子供の心が全然育っていないという事。

「何故だろう…?」 調べてみて明らかになった記事を紹介しておきます。

【「独立心」を摘み取り「恥」を植え付ける】 (←クリックでジャンプします)

恥を重んじて独立心を摘み取る教育… orz

独立心が育っていなければ、自分で考え、判断することもできないでしょう。
イエス・ノーが自分では決められず、イジメに走ってしまう…。
相手の気持ちを考えられない、思いやる事ができない…
なんて貧相な事でしょうか。

あぁ…そうだ! 「ぽぽぽぽ~ん」も鳥肌が立ちますね…


何なんでしょう… 間違いだらけの日本…

(ρw-).。o○
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。