スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eco(52)ソーラー換気扇

充電する物も無く、でも太陽電池を休ませておくのも勿体無い…
そうだ!換気扇作ろう♪
ソーラーファン
とは言ってもPCのケース用ファン(8cm角)を繋いだだけ~ヘ(゚∀゚ヘ)

直射日光で15Vを超えるので、いい按配に風が送られてきます。
逆に日が陰れば機能しません。 太陽電池は面白いな~ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
スポンサーサイト

eco(51)形にはなったけど…

まる一日寝てたような…(ρw-).。o○ 身体のあちこちが痛い…
で、元気があるうちにマンソンサイクルエンジンを仮仕上げして試運転してみました。

結果… …動きません。

熱を加えると金属部分が膨張して部品が外れたり、気密が取れていなかったりと、もぉ~課題は山積状態です。でも、そのお陰で問題点が明らかになってきたので3号機を作る時は良い物が作れる…かもしれません。

シャクなのでコマ撮りして動かしてやりましたw
自作マンソンサイクルエンジン
お~ ^(ノ゜ー゜)ノ☆パチパチ☆ヾ(゜ー゜ヾ)^  もぅ疲れた…⊂(_ _⊂⌒⊃ ドテッ

eco(50)形になってきた♪

いろいろ書きたい事あるんだけど、今日・明日と4時半起きで体力仕事…
もうクタクタなのれす…⊂(_ _⊂⌒⊃ ドテッ
少しずつだけど、ここまで出来たら完成間近♪ 動くのか?動かないのか??

【自作マンソンサイクルエンジン】
マンソンサイクルエンジン?

あと、にこさんが紹介していたコレを食べてみました。
【PINO(ラムレーズン)】
ピノ(ラムレーズン味)
ん!♪ これはイケルぞヾ(@⌒¬⌒@)ノモグモグ

eco(49)ホットエアエンジン

温度差があれば動作するスターリングエンジン。天然資源をほとんど利用しない(使っても少量)ということでこの時代に再認識されています。

『気体に熱を加えれば膨張する』
膨張する気体が円筒(パイプ)に入っていれば、膨張する方向は穴の開いた両側(つまり2方向)へと直線化させる事ができます。そのパイプ内にピストンを入れればピストンが膨張した気体に押されて動き出します。また、暖めた気体を冷やすと今度は『気体の収縮』が始まり、ピストンはパイプ内部へと引き込まれます。
_________
←(膨  張)→ □=
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_________
→(収縮)← □=
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これがホットエアエンジンの原理です。
ピストンが往復運動をすれば、そこから機械的に回転運動に変換することができます。
回転運動があればタイヤやプロペラを直接回す事もできますし、モーターを回して発電させる事ができるようにもなります。

【スターリングエンジン】
スターリングエンジンCG
奥の円筒が暖める側のシリンダー、手前の円筒が冷却する側のシリンダーで両方のシリンダーはパイプで繋がっています。はずみ車の回転方向は訳あって(機械的構造による)一方向にしか回転させる事ができません。ガソリンエンジンとは違って爆発させる行程が無いので機械的な音しか発生しません。温度差が大きくなればなるほど勢いよく高速に回転するようになります。
スターリングエンジンanime

【マンソンサイクルエンジン】
こちらは50年ほど前に発明されたマンソンサイクルエンジンです。これもホットエアエンジンの一つになります。(判りやすいように円筒とピストンをカットしたモデルです)
マンソンサイクルエンジン
200年前に発明されたスターリングエンジンと違う所は『給排気する』『どちら方向でも回転可能』といった所です。給排気すると、温まった気体を冷却する手間が省けて時間が短縮されるように思えます。
マンソンサイクルエンジン
構造がシンプルなのでとても魅力的です。ただ…吸気・排気音が出てしまうのは必然的。個人的にはエンジンっぽいので給排気音も嬉しいんですけどね…w 現在、試行錯誤しながらマンソンサイクルエンジンを製作中です。完成するのはいつの日か…(=゚ω゚)ボー…

eco(48)残り5%を縮める為に

昨日と違って今朝は良い~天気です♪ さわやかな秋晴れヽ(´ー`)ノ♪
グレードアップがちょと嬉しい
手元にあったギアをオモリ代わりにして、ソーラーパネルと反対側につけてみました。
これで(ソーラーパネル+アーム)の重量のバランスが多少良くなっているはずです。
パネルユニットの重量
前に撮影した写真があったので引っ張り出して見てみると、軽量化前の(ソーラーパネル+アーム)の重量は155gでした。このあとアームを短くしたり削ったりで150gになっていたはず。てことは150gぐらいのオモリをつけないとバランスが取れないんですねぇ… まだまだだ。

で、慣性モーメント(ソーラーパネルを回転させるのに必要な力)を小さくするには、ソーラーパネルの不要部分を削ったり、フレームをアルミ製にしてみるのも良いかもしれません。
不要部分
表から見ると真っ黒なソーラーパネルですが、光を通すとシリコン部分(実際に発電する部分)が見えてきます。白い点線内がソーラー発電に必要な結晶部分。それ以外の余白が不要部分という訳です。切り落としてしまえば20%ほど軽くなります(およそ30g減で120g)。
(´-`) ンー… まだまだだ…でも、限界かなぁ…

eco(47)追尾装置の改良

最初、自動追尾装置にはプーリーセットに付属していた輪ゴムをかけていました。でも輪ゴムの耐久性は知れているし(劣化が早い)、伸縮性が大きいので誤差が大きくなる予感がありました。そこで何か良い物はないかと探していたら、ありましたよ!
バンコード3mmΦ
その名も『バンコード』 必要な長さ+αでカットして、端っこと端っこを熱で溶かしてくっつけるとガッチリと輪っかが出来るのです。VHSビデオデッキやカセットデッキによく使われていて、ゴムが切れてイジェクトできなくなったりテープが回転しなくなった時の修理に使えます(もうテープデッキの時代も終わりですが…)

早速、プーリーにコードを巻いて長さを測り、ベルトを製作しました。
ヘリオスタット改03 ⇒ バンコードに換装
直径が2.5mmのものと3.0mmのコードを購入したので、プーリーのサイズにぴったりな3mmΦの物で作って、動作試験をしました。…が、30分…1時間経ってもピクリとも動きません。んー…ちょっと短くてプーリーに無理がかかってるのか? あるいは径が太くてクロスしている部分の摩擦が大きくなっているのか(こちらの可能性が濃厚)

今度は2.5mmΦのコードで作り直して、また試験です。
バンコード2.5mmΦ
これならクロスした部分の摩擦も小さくなり、コードの張力も小さくて済みます。
PM12:30  AM7:00
結果6時間半で約90度回転していました。(ノ゜ω゜)ノ*.オオォォォォーいい感じ♪ キッチリ回っている感触があります。果たして24時間でどれくらい誤差が出てくるか楽しみです。

【テスト結果】
テスト結果
輪ゴムで85%の速度しか出ませんでしたが、バンコードでは94.5%もの速度がでました。それでも少し遅れが出る。ベルトの摩擦やテンション(プーリーにかかった張力)で動かなくなったりすることも判ったので、後はソーラーパネルの重量による慣性モーメントの問題だけが残っているのかもしれません。ソーラーパネルと反対側にオモリをつけてバランスをとれば、また面白い結果が出るかも…

eco(46)バラしてみた(ノ´∀`*)テヘッ

充電丸の本体はABS樹脂という、強化プラスチックです。
でも、漕いでいると左右に微妙な歪みが出てくるので、瞬間衝撃や無理な負荷は厳禁だということが直感的に判ります。よく見ると、側面にネジでカバーが取り付けられています…
発電機内部
ふむふむ…意外と単純な構造だな~(=゜ω゜)ボー…
これでボディの強度を保っているのだからちょっと怖い気もします。力がかかる部分に一切金属のフレームが無いのですから…でも、破損した場合は修理しやすそうだな…
発電機内部2
ギアも樹脂製なので、やはり無理な負荷で歯がなめてしまいそうです。クラッチのような物は見受けられず、単にシャフトとギアが滑っているのかもしれません。いざとなったら接着してしまえば良いでしょう。
さて、納得して組み直したら前よりも調子良くなったような気がします。
≧(´▽`)≦アハハハ ってか分解すんなよー!www

eco(45)面白いのが届いた♪

以前紹介したことのある『充電丸』です。
充電丸  バッテリー部分
小さなトレーニングマットが付いてました。ペダル部分のみ組み立てです。バッテリーはスライドすれば外れるので、利用しやすいようになっています。充電器(ペダル部分)とバッテリーは短いDCケーブルを接続するのみ。でも、それ以外のケーブルは付属していないので、USBケーブルや充電したい機器のケーブルは用意する必要があります。家庭用100Vコンセントが一つ(ただし100Wまで)、USBコネクターが一つ、DC出力端子が一つ(必要な電圧にセットできます)が前面に付いています。

さて、実際に充電してみようと、両手でくるくるやってみました。
人力発電中
赤ランプが点けば充電中という意味らしいです。
Low⇒Middle⇒Fullとグリーンランプが4つ点けば充電完了。回転速度は毎分45~90回転ということですが、ちょっと早めに回すとクラッチが外れて空回りする感じがあります。なので、1秒に1回転する感じでのーんびり回します。

部屋に椅子が無いので寝転がって足で漕いでみました。こんな感じです。
寝転がって充電丸
ピラティスのクリスクロスを織り交ぜて… いや、いつまでも続かないんだけどもw
フル充電まで何分かかるのかさっぱり判りません(詳しい仕様書なんて無いのです)。
そのうちソーラーパネルからの充電や、パワーコンボへの充電に人力発電装置を接続してみようと思います。

その後…約30分間だけ回してみました。
30分回してみた…
(充電中でないとランプが点かないので写真がブレてますw)
これ… けっこう疲れますっ!!  。・゚・ゼー (;;´д`)=3 ゼー。・.。
3つめのランプがなかなかなかなか点かないっ!!たぶんあと30分は回し続けないとフルチャージにならないでしょうねぇ…。取説にはバッテリーの仕様は『12V、7Ah(7000mAh)』と書いてありました。サンヨーのソーラー発電セットの蓄電池(3.7V 6900mAh)と同じくらいの容量です。でも、出力電圧が大きい分負荷が大きくて、しんどく感じるのかもしれませんね~。なるほどー。

あ、そそ! 充電丸を作動中は騒音でTVの音が聞こえなくなります。
うるさい訳ではないけど、静かでもないという…w

よつばとふーか(フィギュア)

漫画 『よつばと!』 から よつばちゃんと ふーかちゃん。
よつばとふーか
よつばちゃんの方はいろいろポーズをつけることが出来るフィギュアになっています。表情が4種類あって、手のひらも数種類用意されていました。夏休みセットということでセミや虫かご、虫捕り網、帽子等々色々入っていて楽しめるようになっています。


今日は台風の影響で面白い空が見れました。
漫画の様な空
「漫画の様な空だ!」 思わず突いて出た言葉です。青空とオレンジの雲がくっきり描かれてて自然のイタズラには見えないんですよね。空を見上げる人が何人も居ましたw

eco(44)ペルチェ素子

スターリングエンジンは温度差で稼働します。『熱い部分』『冷たい部分』の温度差を利用してピストンを振幅させ、回転運動に変換して発電モーターを動作させることができるようになります。温度差を作るには、一方を加熱するだけ、あるいは冷却するだけでも良いのです。勿論一方を熱して、他方を冷却すれば温度差はさらに大きくなって、スターリングエンジンは勢い良く動作するようになります。

加熱する事を考えるといろいろなアイデアが浮かんできますが、冷却となると室温を超えるのは難しいのです。でも、こんな電子部品がありました。

『ペルチェ素子』
ペルチェ素子CG
電圧をかけて電気を流すと片面は熱が奪われ(冷却)、片面は熱を放出(加熱)するという物です。ただし、いつまでもそういう温度差が維持されるのかと言うとそうではなく、放熱面から上手に熱を逃がし続けてやらないと、両面の熱が飽和してくる(あまり温度差が無くなってくる)そうな…。
それでも3cm角ぐらいのペルチェ素子で、最大許容電圧で68℃もの温度差が生まれるそうで、上手に放熱してやれば氷点下を発生させることができるそうです。缶ジュース数本しか入らない小さなクーラーボックスや車のエアコンなどは、このペルチェ素子が利用されているそうです。フロンガスを圧縮して気圧を下げる従来の冷蔵庫から見れば遥かにお手軽に低温が取り出せる訳ですね。
ただ…問題はかなり電力を食うということ…。

ソーラーパネルで発電して、スターリングエンジンの加熱部に熱を加え、他方はペルチェ素子で冷却⇒モーターで発電。こういうシステムを作った場合、最初からソーラーパネルで蓄電する場合と比較して、果たしてどっちが効率が良いのでしょうね…。スターリングエンジンの熱変換効率は優秀だそうですから、出力される電力がソーラーパネルだけによる電力を上回るのではないか?と直感的に思ってしまうのです。

読み終えた…⊂(_ _⊂⌒⊃

『20世紀少年(22巻)+21世紀少年(上下巻)』 最後まで読みました…。
22巻までだと話が終わらないので、21世紀少年も読む必要があります。

ストーリーに関する部分はお話できませんが、直後の感想としては
『何かを忘れているような気がしてならない…』という事でしょうか。
「何か」と言っても、物語構成上の何かという訳ではなく、自分が期待していた「何か」なんだと思います。収束していくにつれ、これを描いて欲しかったんだけどなぁ…という、まだ自分の中で実体が明らかになっていない引っかかりが残っている感じなのでしょう。

それは、読者個人へのメッセージなのかもしれません。
『こうやって生きていけよ』という今の思いを、幼かった頃の自分に言い聞かせ、たしなめているような…そういう精神状態を味わって欲しかった(?)のかもしれません。

体重チェック9/17

ここ3日間の早朝の体重は 69.6kg69.6kg69.7kgと70kgを下回っています。
一日平均25g減といえど、着実ですな~♪ヽ(´ー`)ノ♪
体重推移9/17a

去年は10月あたりから冬肥りの時期に突入したので、『食べ過ぎない』を意識していかないといけませんね~。なんたって『収穫の秋』で美味しい物の誘惑だらけですからw
体重推移9/17b
あと3.7kgで標準体重のど真ん中!

eco(43)太陽追尾装置実動♪

朝日に向けてパワーアップした『SANYOソーラー発電セット』を設置しました。
自動追尾装置実動!
・左の『段ボールねずみ』はバッテリー冷却用の(12V)ソーラーパネル
・中央の白い三角がソーラー発電セットの蓄電池部分 + 冷却ファン
・右が太陽自動追尾システム + ソーラー発電セットの(6V)ソーラーパネル

思えば遠くへ来たもんだ…(=゜ω゜)ボー… もう原型を留めてないし…w
遠くに来たついでにカメラをぐーっと引いて、このアングルのまま宇宙空間までカメラを引いていくと、こんな風に↓なっています。
宇宙空間ビュー
上の写真と下のイラストを何度も見比べてみてください。
そうすると「自動追尾装置を見ているだけで宇宙空間が見えてくる」という事がなんとなく判ってもらえるかもしれません。「地軸の傾き」やそれを中心にして「自転している地球」が上の写真を見ただけでイメージできれば大成功です。

※ソーラーパネルは太陽光を垂直に受ける事で最大限の発電効率が得られます。なので昔から噂されていた(実際は根拠なしw) 『ひまわり』のように常にお日様に顔を向けていれば、発電効率が良くなるという訳です。朝晩の太陽高度が低い時や、比較的明るい曇天でもソーラーパワーを吸収しやすくなります。特に、曇りや雨が多かったり(日本海側)、日照時間の短い地域(盆地)では、少ないチャンスを最大限に活かすという意味で非常に有効な手段になります。逆に天気の良い日は、固定されたシステムよりも短期間・短時間でフル充電なんて事が期待できます。

漫画漬け~♪

もょもとさんがサエさんの娘ちゃんの誕生日プレゼント(?)に贈られたのがコレ
よつばと
「よつば」という5歳の女の子が主人公の漫画です。とっても面白かった~♪
ちょうど文化祭や秋祭りの季節なので後半のイベントでオーバーラップすることもしばしば。(今現在あちこちで秋祭りが行われてて、雰囲気がそっくりなんです)。
よつばちゃんは勿論、周囲の登場人物一人一人が個性的で、ほんわかふんわり、ぬる~くて暖かい。そんな癖になる不思議な雰囲気が楽しめてしまいます。ってかもう楽しくてしょうがなくなります。そんな漫画です。

それから、こっちも大人買い≧(´▽`)≦アハハハ
20世紀少年+21世紀少年
20世紀少年(22巻)+21世紀少年(上下巻) こっちはこれから読み始めようと思ってて、めちゃくちゃ楽しみにしています。

eco(42)追尾装置の改良

アルカリ電池を探したけど見つからない…
見つけたのはオキシライド電池(((( ;゚д゚)))アワワワ
電圧を測ると一つは0.6Vで使えません。もう一つは1.6V!多少オーバーしてるけど、まいっか~ってことで半周だけさせてみることにしました。
午後11時40分  午後1時40分
結果は180°の回転に14時間(PM11:40⇒PM1:40) 地球の自転速度の85.7%の速度です。遅れてます。でも、日照時間が10時間ほどとして、このくらいの誤差ならソーラーパネルを固定して放置するよりも遥かに効率は良いでしょう。アルカリ電池はまた機会がある時にでも導入するとして…本当の原因が電圧でもなさそうだという結論にガッカリです…。(´・ω・`)ショボーン  で、とりあえず出来る事として…

アームの縮小前  アーム縮小後
アームが不必要に長いため、慣性モーメントが大きくて回すのも大変だろうということで2cmほど縮めてみました。さらに軽量化させるのにあちこち削ったり、ビスも短いのに変えたり…気休め程度ですが、前よりはマシでしょう…多分。

クォーツ時計の歩度(針の進む速さ)を調整するにはどうしたら良いんでしょうねぇ…機械式時計(ゼンマイ式)なら当たり前のように歩度を調整するツマミがありました。でもクォーツ時計は水晶の決まった振幅回数があるので、調整なんて不可能のように思えます。高級な時計になれば電気的に間引いたりできるのかもしれませんが…(´ω`) ンー…

クォーツ(水晶振動子)に電圧をかけると一定の振動をするのですが、水晶をカットするときの加減などでかなり個体差が出るそうです。で、この時計は遅れるので使われなくなったのかな?なんて思ったり。それでも85.7%の速度しか出ないなんてあまりにも誤差が大きすぎますよね…
(=゜ω゜)ボー… (=゜ω゜)ボー… (=゜ω゜)ボー…
まだまだ検討の余地はありそうです…。

さて、実際に太陽を追わせてみました。陽が傾いて光度が落ちてきても、接続した冷却ファンは回り続けています。
太陽を追わせてみた
朝はフライング気味にセットしておいて、太陽が追いつくのは正午。それから少しずつ追い抜かれて…夕方にはお見送り。今はこんな感じでも良いかもしれませんね。でも、こうやって実際に設置しておくと、このシステムを見ただけで、「今太陽がどこにあるのか」とか、「赤道面はこんな風に傾いてるんだな~」とか「地球の自転がリアルタイムに見えてくる」ような気がして面白いです(*^ー゚)b

eco(41) 【 謎 】…

自作赤道儀を試運転して24時間経ちました。結果はこうでした。
午後9時 午後9時B
『一周していません。』 …(´ω`) ンー 角度にして、270°ぐらいでしょうか…

「ベルト(輪ゴム)がスリップした」と仮定しても、スリップした瞬間が一度も見られなかった事が引っかかってしまうのです。最初からじんわりと遅かったような印象があるのです。今でもじんわりと回転していますし、スリップの瞬間は見る事ができません。仮定は間違っているのかも…

暫く考えて、ハタ!と気が付いたのは、使用している電池の電圧。クォーツ(水晶振動子)を利用した時計なので、『水晶の振動が電圧の影響を受けるのかもしれない。』と、クォーツメーカー、時計メーカーのサイトを検索しまくりました。辿り着いたのはセイコークロックのサポート情報です。
「電池の種類によって動作に影響が出るのかどうか?!」
知りたかったのはそこです。
オキシライドというパワフルな乾電池は誤作動する可能性大。基本的に取説推奨の電池を利用してほしいそうですが、マンガン電池指定ならマンガン電池とアルカリ電池でも可能だそうです。さて、本題のニッケル水素電池は?と探すと項目がありました。

『ニッケル水素電池は充電しても電圧が低いので、使用しないで下さい』
(;゚д゚)アッ…やっぱり駄目なのねん…
エネループが使えないのはちょっと痛いな…

ニッケル水素電池は1.2V アルカリやマンガン電池は1.5V
単純に計算すると 1.2÷1.5=0.8 つまり8割の電圧しかありません。
そこで…1周360°の8割と言えば360°×0.8=288°

<(T◇T)>うぉぉぉぉぉ!!!  ヽ(`Д´)/ビンゴ!!
24時間で270°くらいという結果に近いではありませぬか…
ほぼ原因が特定できたかもしれません。今夜はアルカリ電池を入れて再実験です。

eco(40)赤道儀試運転

単三型エネループ電池を1本、時計にセットします。たった一本の電池で時計は長期間動き続けるので、電源としてなんら問題無いでしょう(*^ー゚)b 早速試運転です♪
簡易赤道儀試運転
1時間おきに3時間分撮影してみました(PM9:00~PM12:00)
じわじわと首を振っているのが判りますね~ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ
24時間で一周する計算なので3時間だと… 360°÷8=45°…(゜_。)あれ?
45°動いてるか?… んー45°には見えないな~…

( ゚д゚)ハッ!

もしやギアじゃなくてプーリーだから? ベルトに輪ゴムを利用↓しているので
ヘリオスタット改03
力がかかっている側が伸びて、反対側が緩んでいると…  きっとヽ(`Д´)/それだ!
 … orz  もう、遅いから明日にしよ~ (ρw-).。o○

【翌朝】9/13(Xデー?)
午後9時 ⇒ 午前6時
おっ!おっ!?(ノ゜⊿゜)ノ  昨夜から9時間(PM9:00⇒AM6:00)でコレだけ回ってる。
あと3時間で180°まで回っていれば大成功なんだけども、今日は出勤で確認できないし…
夜の9時を楽しみにしてよっ。 な~!?(←よつばちゃん語w)

eco(39)簡易赤道儀完成♪

じゃ~ん♪
台座01 台座02 台座&パネル
こんな感じに仕上がりました。ヽ(´ー`)ノ
設置するときは方位磁石を用意して…
設置方向
(携帯電話に入っていた方位磁石ツールを利用) なんかすごいね~(ノ゜⊿゜)ノ
台座の向きを北に向けて置くだけなのです。そうするとソーラーパネルが組み込まれたアームの軸は北極星を指し示します。ソーラーパネルがどう動くかというと
追尾装置動作01

これだけでは、さっぱり判らないかもしれないので、地球にどんと置いてみました。
地球回転ビュー01 地球回転ビュー02
動画で台座の赤く塗った面は赤道面と平行になっています。その上でソーラーパネルが1日に一回転するので、結果として一日中(宇宙空間の中で)同じ方向を向いている訳です。向いている方向をピッタリ太陽に合わせておけば、常に太陽を追いかけているような動作になります。

地軸が公転面に対して23.5度傾いているので、四季によって太陽の高度が変わります。でも、ソーラーパネルを支えているアーム上で、パネルの角度をちょっと変えるだけでOKなのです。
まぁ、しかし…こんな簡単に赤道儀が作れてしまうなんて…(望遠鏡のような重量の大きな物を乗せるにはそれなりの強度も必要ですから、動力に利用している時計ではパワー不足でしょうね。)

あとは充電器への延長ケーブルを用意すれば稼動させる事ができます。
試運転したくて((o(> <)o))うずうずしてしまいます。

eco(38)ヘリオスタット改

簡易赤道儀(天体を追尾する装置)が簡単に作れてしまう事が判ったので、早速…
時計メカ
単三電池で駆動する時計のメカを拝借です(使用していない時計を貰いました)。
文字盤からは容易に外すことができました。時針・分針・秒針は圧入されているだけです。左下の歯車はラジコン用に買っておいたもので、使えるかな?と思ったのですが、ギアを抑えるフレームを加工しなくちゃいけないし、軸間が短くなって都合が悪いのでボツです。

そこで、タミヤから発売されている『たのしい工作シリーズ』よりプーリーセットを流用することにしました。本当はギアでカッチリ回転させたかったのですが、それほど精度が必要な物でもないのでOKということに(*^ー゚)b
メインの機関部を組み立てると、こんな感じです。
ヘリオスタット改02 ヘリオスタット改01 ヘリオスタット改03
利用する時計の軸は『時針』のみ。でも、12時間で一回転してしまうので、2:1のプーリーで半回転に落としている訳です。ここで(;゚д゚)ァ…と気が付いたのは回転方向で、時計の右回りから順に追っていくと逆回転ではないですか!…ひゃー(;゚ω゚A やばいやばい。幸いギアではなくプーリーにしたことで、ベルトをクロスさせるだけで回転方向を逆にすることができます。人間の知恵って凄いな~♪と改めて思ったりw

ここからは「ソーラーパネルの台座」と「フレーム」を作るだけです。パネルの台座の回転軸は地軸と平行(中央の写真参照)にしなければいけないので、住んでいる地域の緯度を調べて緯度分だけ傾斜をつければ自動的に地軸に平行になります。理屈はこうです。
緯度と地軸の関係
東京と仙台の中間ぐらいなので36.5度として(平熱みたいw)、北向きに水平面から36.5度だけ上を向かせると、ちょうど北極星を指し示すようになります。これでほぼ地軸と平行になり、あとは地球の自転速度に合わせて、逆方向に回転させればいつでも天体を追っているような形になる訳です。

センサーで太陽を随時ガッチリ補足するのとは違って、あらかじめ太陽が通るであろう『黄道』を理論上で追いかけているだけの自動追尾ということになります。望遠鏡の赤道儀はこういう理屈になっていて、とてもシンプルです。
先が見えてきたので((o(^ω^)o))わくわくですよ♪

脳科学者の茂木さんが言われてましたが、『好きなことに熱中していると脳のリミッターが解除されてフルパワーが出る』との事。普段は数パーセントしか使われていない脳がフル活動するそうですよ。落ち込んだ時でも、好きなことを一つ一つ思い出してやっていくと元気が出てくるのはそういう理屈だったんですね…。

eco(37)ソーラー虎の巻

ソーラーパネルを利用した今までのアイデアが、この本1冊に凝縮されていました。
ソーラー虎の巻
『(自分で作るソーラーシステム)太陽電池のしくみがわかる実験と工作・辞典』

・スターリングエンジンを凹面鏡による集光で動作させる車
・時計を利用した簡易赤道儀でいつも同じ場所に太陽光を照らす装置(ヘリオスタット)
・太陽光を自動追尾するICチップを利用したシステム

ストレートにアイデアと同じ物が書かれていた訳ではありませんが、ヘリオスタットでは鏡を利用するかわりにソーラーパネルを乗せれば、そのまんま自動追尾装置になってしまいます。そこらにある単三電池1本で動作する時計の裏の『黒いボックス』を利用して、実際に動作させてしまっている所が自分より一歩先を行ってます≧(´▽`)≦アハハハハ 「やっぱり上手く行くんだ~へぇ~。」みたいなw
工作例が載っているので、すぐにでも作成できそうです。

それと、ICチップを利用した自動追尾装置は、電卓に仕込まれている小さなソーラーパネルをセンサーとして利用して、それをダイレクトにモーターの駆動スイッチにしています。太陽光がズレたら、センサーのスイッチが切れるので、再びスイッチが入るまで首を振っていく訳ですね。しかもモーターの駆動にはソーラーパネルを利用するので、電源も不要です。イメージとしては『ひまわりロボットが常に太陽を探して、その方向に顔を向ける』という感じです。
これにはちょっと驚きました。なるほど~モーターを制御するICチップも便利だけど、センサーとして太陽電池を使うのも衝撃的ですし、これほど単純なシステム(パーツが揃えばさほど工作時間の必要なし)で、意図したこと(太陽自動追尾)が出来てしまうことに感嘆です。脱帽です。さらに軽くパニック状態ですw 一人で階段の隅っこで落ち込んでいたい気分です。≧(´▽`)≦アハハハハ… orz

でも、ヘリオスタットを作った方が簡単なので、そっちを作ってみようかな?…

今朝も良い天気♪

毛布一枚で寝ていると「寒っ!」と思うくらいの夜でした。
夜が明けたら空は快晴~♪ ソーラーパネルがガンガン日光を吸収していました(*^ー゚)b
出勤途中に見かける海は波も穏やかで…
ヨット2艘
普段は漁船しか見かけないのにヨットが帆走していて、天候の気持ち良さを象徴しているようでした。

エンジン作成中

加熱した空気の膨張(ヒートエア)を利用したエンジンを作成中です。
製作中
中はこうなっています。
原理&設計図
スターリングエンジンと異なるのは、内部の空気を密閉したままではなく給排気する所です。
50年前に設計された古い断面図を頼りに、勘だけで作っています。ありあわせの材料を工夫して加工しているのでガタが大きいんですよ。うまく動作する予感は今のところありません≧(´▽`)≦アハハハ
でも、構造がシンプルなので個人で作るには魅力的です。

もっと精密に加工できたらいいんですけどね~。まぁ試作機ということで…

『20世紀少年』が読みたい!

浦沢直樹さんの漫画は大好きです♪
まず『パイナップルARMY』で描かれた人物やストーリー、ドラマ、さらには絵にも惚れ込みました。こういう味わい深い漫画が描けたら最高だ!と思ったものです。
続く『YAWARA!』や『Happy!』も惹きこまれましたね~。天晴れぢゃ!www

で、しばらく漫画離れしていたのですが、知人の話を聞いてまた再燃してきたのが
『20世紀少年(全22巻)』+『21世紀少年(完結編2巻)』
自叙伝的な漫画になっているとかで、ノスタルジックな雰囲気があるそうです。
20世紀少年としてはほぼ同年代ぐらいなのでw、懐かしいシーンも多いでしょう。

あ~読みたい読みたい!読みたぁ~い!!(ジタバタ…)

(※昨日の今日で目蓋がくっつきそうなぐらい眠いのに(ρw-).。o○w)

ロープワーク(紐縛り)

必要に迫られて、ロープの結び方を予習しています(明日9/5に必要)。
こんなサイトがありました。
【ロープの達人】
結び方による強度を検討しつつ、これで行こう!と決めて、実際ロープで練習するもなかなか判りにくい…んで、動画を探してみると…

【垣根結び】(Youtube)
(ノ´▽`)ノオオオ この結び方は小学生の頃、父から習った縛り方ですよ。
藁縄という藁(わら)を編んだごつくて硬い縄で、刈り取った稲を天日干しする為の『ハゾ』というマンションを組み立てる時の縛り方です。もう、籾殻のチクチクとした毛で首筋や腕が痒くなるは、ヘトヘトになった記憶しか蘇ってきませんが…(今はコンバインで刈り取りから乾燥の手間まで省けてしまいました。)

ボーイスカウトに入っていると、こういうサバイバル的な事も習うそうですね(経験なし)。
さ、明日の仕事に役立つかな…(=゜ω゜)ボー… 2つ隣の県まで出張だし早く寝なきゃです…

eco(36)真空エンジン

気になる事はやってしまおう!という事で『真空エンジン(大人の科学)』です。
真空エンジン
1時間ほどで組みあがり、手で回転させてスムーズに動くように微調整。
早速、アルコールランプに点火! 最初は連続して動作することもなくすぐに停止。
しばらくしてシリンダーやピストンが温まってくると、動き出しましたよ♪
別名『フレームイーター(火食い虫)』と言われるように、シリンダーに炎を吸い込み、内部で冷却されると真空状態に(近く)なって、ピストンが引き寄せられるそうです。実に面白いヽ(´ー`)ノ
しかし、が必要なので、電熱線で動作しないようならクリーンエネルギーとしては実用的ではありません。高温のエアーを供給しつづけるのは困難でしょうね。

Youtubeには太陽光を集光してスターリングエンジンを動かしている動画がいくつもありました。
【凹面鏡で集光(スターリングエンジン)】
【レンズで集光(スターリングエンジン)】

考えていた事が既に成功の結果を出していたのでw あえて真似をする事はありませんが、実はもっとシンプルな構造のエンジンを見つけたので、そちらを自作奮闘中です(一部で市販化されていますがスターリングエンジンのようにメジャーではないようです)。

無知の知

全てを知っている人なんて居ないけども
どの程度知られているのかを把握している人は居るでしょう。
科学的考察、検証を踏まえつつも『おそらく…』と推論されるのが最先端の知識で、それも確証となるまでは複数の見解が存在したりしますから『知られていない状態』と同等かもしれません。
そんな事を言ってたら、いつまで経っても『全てを知っている人』は出現しませんよね。

「自然界の中である法則を見つけた」。数十年~数百年後にはそれが「部分的に(狭義の意味で)正しい」と認識し直される。さらに包括した新法則を導き出しても、数十年~数百年後には……などと一見訂正ばかりされているように思えそうですが、実は少しずつ『理解の精度が向上している』のです。

『そもそも理解するって何だ?』…
これは僕の考えなのですが、『脳内でなるべく正確に再現する事(シミュレーション)』だと思っています。

・例えば、公園で小さな女の子が泣いている。・゚・(ノд`)・゚・。とします。
どうして泣いてるの?思いはグルグル駆け巡ります。でも、どれもこれも不確かな空想。聞いてみても「ううん」と首を振るだけで教えてはくれません。現実の答えは一つしか無いはず…ふと足元に転がっているアイスクリーム!はは~ん。と、ここで納得してしまっても構いません。(でも、本当はアイスクリームを落としたのが悲しかったのではなく、散歩で通りかかった人が連れている大型犬に吠えられ、驚いてしまったのが原因でした)。声をかけた気の優しいお兄さんは、かわりのアイスクリームを買ってきて女の子に与え、満足げに帰っていきました。

例題は良くありませんがw こんな事があったとして、果たしてお兄さんはどれだけ女の子の気持ちを理解していたか?ということなのです。現実から見れば正確なシミュレートとは言えませんよね。決してお兄さんを批判したい訳ではありません。愛情に満ち溢れてて結果としては良い事(?)ですからw

それから数日後、同じようなシチュエーションに出くわしたお兄さんは犬に吠えられてドキッとしました。女の子は犬を指差しています。「あぁ!そうだったのか…」これが理解の精度が向上した瞬間です。脳内のシミュレートはほぼ正確になった事でしょう。

…さて、いったい何が主張したかったのか忘れかけてますが…(´-`) ンー…
あ、そそ。最近知らないことばかりに出会うので、興味の対象があっちへ行ったりこっちへ来たりしているという、そんな事を話したかったのでした。まる。

ブックマーク飛ばした…

会社のPCのメモリーが少ないので注意して使っていました。
メモリーを掃除して空き容量を増やすツールを常駐させたりしてね…。
でも、ネットブラウザーを使っていると、ぶくぶくとメモリーを食い尽くして行きます。
ある瞬間、メモリー不足でブラウザーが異常終了して、再び起動したとき
『お気に入りファイル(ブックマーク)』が初期状態に… ┌|゜□゜;|┐ガーン!!

いや、初期状態になったと勘違いして、昔のファイルを引っ張り出して上書きしてしまいました。 …orz

2年前の『お気に入りファイル』には、今は存在しないURLが沢山ありました。2年間で追加していたURLを思い出すのも大変ですから、必要になった時に検索するしかないですね…

今日のふたご座の運勢を見ると総合運は86点なのに恋愛・仕事・金運は最低(10点中1点) 低迷が続きますね~≧(´▽`)≦アハハハハ …orz

先日、現場作業に必要な梯子(はしご)を車に積んで出かけていたのですが、段取りも良く気持ち良く終えた仕事だったのに帰り道の信号で、運転していた同僚君が
「何か梯子傾いてない?」
「ん?(;゚д゚)あっ!!…フックかけた?」
「|||||゚□゚;|||||いや…かけてない…」
そろそろと道路脇へ車を突っ込んで、そそくさと梯子にゴムロープのフックをかけました。もう、真っ青ですよ。何事も無くて済んだけども、ほんとヤバイな~と(((;-д- )=3
常に心に余裕を持つようにして居ないといけませんね…

今日は晴れのち雨。どんより曇ってます。

真空エネルギー

『真空エネルギーとはなんぞや?』という疑問とともに軽い気持ちで検索したら…
気が付けばとんでもない世界に突入してしまいました。
物理学、天文学の最先端で議論されている内容ではないですか…|||||ヽ|゜□゜;|ノ|||||

それこそ原子炉レベルでは手に負えないエネルギーというか、
にんふぇんにあつらえるラベルなのはい?ヽ(゜O。)ノうぇ…(訳:人間に扱えるレベルなのか?ヽ(゜O。)ノうぇ…)

というものです。判りやすいですね~≧(´▽`)≦アハハハハ
そりゃ80年かかってもそんなもんでしょう(゜゜*)(・・*)(゜゜*)(・・*)ウンウン

単純に、気体分子を減少させて0に近づけた密閉空間のような物だと思い込んでいたので、物凄い勘違いをしていたようです。さりとて、実体がつかめていない(理論上では存在しないとつじつまが合わないそうな)のも現状ということで、実験が行われているそうです。
量子力学者が計算すれば、コーヒーカップ一杯の真空エネルギーで、地球上の海水をすべて沸騰させる事ができるという見解もあれば、天文学者が計算すれば、せいぜいガソリン4リットル分のエネルギーしかない…などと、ほんと判りにくい物であることが判りましたw

まず必要とされていることは人間が安全に扱える動力ですから、そこから考えれば『差』があれば十分間に合うような気がします。温度差、高度差、速度差…さらには、お風呂の栓を抜いたときに渦ができるような「地球の自転」を利用した回転運動を取り出す事も可能かもしれません。
スケールの大きな空想から(;゚д゚)ハッと我に返ったら、意外といろんな事ができるんじゃないか?という気持ちになりますね~w

ブルーブルーブルースカイ

スイーッと風に引き伸ばされていく雲が美しいです♪
Blue_sky01   Blue_sky02
そばに空港 兼 航空自衛隊基地があるので飛行機雲はよく見られます。
よ~く観察すると、飛行機雲が自然の雲に影を落としているので、飛行機雲の方が上空にあるんですよね。
しかし、見飽きないな~(=゚ω゚)…
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。