スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロープワーク(紐縛り)

必要に迫られて、ロープの結び方を予習しています(明日9/5に必要)。
こんなサイトがありました。
【ロープの達人】
結び方による強度を検討しつつ、これで行こう!と決めて、実際ロープで練習するもなかなか判りにくい…んで、動画を探してみると…

【垣根結び】(Youtube)
(ノ´▽`)ノオオオ この結び方は小学生の頃、父から習った縛り方ですよ。
藁縄という藁(わら)を編んだごつくて硬い縄で、刈り取った稲を天日干しする為の『ハゾ』というマンションを組み立てる時の縛り方です。もう、籾殻のチクチクとした毛で首筋や腕が痒くなるは、ヘトヘトになった記憶しか蘇ってきませんが…(今はコンバインで刈り取りから乾燥の手間まで省けてしまいました。)

ボーイスカウトに入っていると、こういうサバイバル的な事も習うそうですね(経験なし)。
さ、明日の仕事に役立つかな…(=゜ω゜)ボー… 2つ隣の県まで出張だし早く寝なきゃです…
スポンサーサイト

無知の知

全てを知っている人なんて居ないけども
どの程度知られているのかを把握している人は居るでしょう。
科学的考察、検証を踏まえつつも『おそらく…』と推論されるのが最先端の知識で、それも確証となるまでは複数の見解が存在したりしますから『知られていない状態』と同等かもしれません。
そんな事を言ってたら、いつまで経っても『全てを知っている人』は出現しませんよね。

「自然界の中である法則を見つけた」。数十年~数百年後にはそれが「部分的に(狭義の意味で)正しい」と認識し直される。さらに包括した新法則を導き出しても、数十年~数百年後には……などと一見訂正ばかりされているように思えそうですが、実は少しずつ『理解の精度が向上している』のです。

『そもそも理解するって何だ?』…
これは僕の考えなのですが、『脳内でなるべく正確に再現する事(シミュレーション)』だと思っています。

・例えば、公園で小さな女の子が泣いている。・゚・(ノд`)・゚・。とします。
どうして泣いてるの?思いはグルグル駆け巡ります。でも、どれもこれも不確かな空想。聞いてみても「ううん」と首を振るだけで教えてはくれません。現実の答えは一つしか無いはず…ふと足元に転がっているアイスクリーム!はは~ん。と、ここで納得してしまっても構いません。(でも、本当はアイスクリームを落としたのが悲しかったのではなく、散歩で通りかかった人が連れている大型犬に吠えられ、驚いてしまったのが原因でした)。声をかけた気の優しいお兄さんは、かわりのアイスクリームを買ってきて女の子に与え、満足げに帰っていきました。

例題は良くありませんがw こんな事があったとして、果たしてお兄さんはどれだけ女の子の気持ちを理解していたか?ということなのです。現実から見れば正確なシミュレートとは言えませんよね。決してお兄さんを批判したい訳ではありません。愛情に満ち溢れてて結果としては良い事(?)ですからw

それから数日後、同じようなシチュエーションに出くわしたお兄さんは犬に吠えられてドキッとしました。女の子は犬を指差しています。「あぁ!そうだったのか…」これが理解の精度が向上した瞬間です。脳内のシミュレートはほぼ正確になった事でしょう。

…さて、いったい何が主張したかったのか忘れかけてますが…(´-`) ンー…
あ、そそ。最近知らないことばかりに出会うので、興味の対象があっちへ行ったりこっちへ来たりしているという、そんな事を話したかったのでした。まる。

ブックマーク飛ばした…

会社のPCのメモリーが少ないので注意して使っていました。
メモリーを掃除して空き容量を増やすツールを常駐させたりしてね…。
でも、ネットブラウザーを使っていると、ぶくぶくとメモリーを食い尽くして行きます。
ある瞬間、メモリー不足でブラウザーが異常終了して、再び起動したとき
『お気に入りファイル(ブックマーク)』が初期状態に… ┌|゜□゜;|┐ガーン!!

いや、初期状態になったと勘違いして、昔のファイルを引っ張り出して上書きしてしまいました。 …orz

2年前の『お気に入りファイル』には、今は存在しないURLが沢山ありました。2年間で追加していたURLを思い出すのも大変ですから、必要になった時に検索するしかないですね…

今日のふたご座の運勢を見ると総合運は86点なのに恋愛・仕事・金運は最低(10点中1点) 低迷が続きますね~≧(´▽`)≦アハハハハ …orz

先日、現場作業に必要な梯子(はしご)を車に積んで出かけていたのですが、段取りも良く気持ち良く終えた仕事だったのに帰り道の信号で、運転していた同僚君が
「何か梯子傾いてない?」
「ん?(;゚д゚)あっ!!…フックかけた?」
「|||||゚□゚;|||||いや…かけてない…」
そろそろと道路脇へ車を突っ込んで、そそくさと梯子にゴムロープのフックをかけました。もう、真っ青ですよ。何事も無くて済んだけども、ほんとヤバイな~と(((;-д- )=3
常に心に余裕を持つようにして居ないといけませんね…

今日は晴れのち雨。どんより曇ってます。

真空エネルギー

『真空エネルギーとはなんぞや?』という疑問とともに軽い気持ちで検索したら…
気が付けばとんでもない世界に突入してしまいました。
物理学、天文学の最先端で議論されている内容ではないですか…|||||ヽ|゜□゜;|ノ|||||

それこそ原子炉レベルでは手に負えないエネルギーというか、
にんふぇんにあつらえるラベルなのはい?ヽ(゜O。)ノうぇ…(訳:人間に扱えるレベルなのか?ヽ(゜O。)ノうぇ…)

というものです。判りやすいですね~≧(´▽`)≦アハハハハ
そりゃ80年かかってもそんなもんでしょう(゜゜*)(・・*)(゜゜*)(・・*)ウンウン

単純に、気体分子を減少させて0に近づけた密閉空間のような物だと思い込んでいたので、物凄い勘違いをしていたようです。さりとて、実体がつかめていない(理論上では存在しないとつじつまが合わないそうな)のも現状ということで、実験が行われているそうです。
量子力学者が計算すれば、コーヒーカップ一杯の真空エネルギーで、地球上の海水をすべて沸騰させる事ができるという見解もあれば、天文学者が計算すれば、せいぜいガソリン4リットル分のエネルギーしかない…などと、ほんと判りにくい物であることが判りましたw

まず必要とされていることは人間が安全に扱える動力ですから、そこから考えれば『差』があれば十分間に合うような気がします。温度差、高度差、速度差…さらには、お風呂の栓を抜いたときに渦ができるような「地球の自転」を利用した回転運動を取り出す事も可能かもしれません。
スケールの大きな空想から(;゚д゚)ハッと我に返ったら、意外といろんな事ができるんじゃないか?という気持ちになりますね~w

ブルーブルーブルースカイ

スイーッと風に引き伸ばされていく雲が美しいです♪
Blue_sky01   Blue_sky02
そばに空港 兼 航空自衛隊基地があるので飛行機雲はよく見られます。
よ~く観察すると、飛行機雲が自然の雲に影を落としているので、飛行機雲の方が上空にあるんですよね。
しかし、見飽きないな~(=゚ω゚)…

地震雲

時々利用している天気予報サイト【Tenki.jp】←ここには随時衛星写真が掲載されています。台風が発生すると、ぐるぐると渦巻きが形成されていくので、接近時などは警戒する事もできます。ただ、衛星画像では離れすぎてて局地的な雲の形状までは判別しにくいので、前兆とされる地震雲までは見る事ができません。クローズアップ機能が欲しいところです…。
(※:記事を書いた翌日にクローズアップ機能が!(ノ゜⊿゜)ノ!!国内のみ)

それはさておき、今日は空一面を覆うウロコ雲が見れました(写真を撮ろうと思っていたのに忘れました)。家から隣の県までは80km以上もあるので、それが今日発生した隣県での小規模な地震(M3.6)に繋がるとは思えませんが、不気味だったことは確かです。

【地震情報サイト】 ←ここで地震雲について調べると、発生時期は2週間前から前日まで。つまり今日から数えるとちょうどあの9/13になります。以前TVで特集されていた、『雲の形状とその発生時期』の資料が欲しいのですが、なかなか見当たりませんね… 【Wikipedia】には、先日の岩手・宮城内陸地震直前の雲の写真がありました。物凄い雲ですよね…恐ろしいぐらい。
地中の異常なエネルギーで生じた電磁波が、上空に異様な形状の雲として現われるという事ですから、それは納得できますよね。猫の髭がピクピクしたり、毛が逆立っても変ではないし、磁場で方向感覚を持つと言われる鳥達も大人しくなるというものです。ナマズだって居心地が悪いでしょう。

で、大気中のイオン濃度を計測している機関もあるそうです。→【大気イオン地震観測研究会】
ただ、先日の岩手・宮城内陸地震の前日に測定器を入れ替えたばかりで、異常は記録されていなかったそうです。観測所がかなり離れているような(514km)気もしますが…どうなんでしょうね…

これからしばらくは変な雲(移動しないし、形状がおかしい)を見たら写真を撮っておこうと思います。

振動エネルギー

あるTV番組の特集で、『下駄に取り付けて歩くと、歩いた時の振動で青色LEDがピカピカ光る』物が紹介されていました。また、マイクのようなものに向かって発声しても青色LEDがピカピカ光りました。
それらは『圧電素子』という、電子ライターの発火装置(カチッとやると小さく放電するもの)や、ブザーの薄っぺらなスピーカーなどに使われている部品を逆利用した原理だと言う事が判りました。

検索してみると簡単な装置で発光実験をしているページがありました。
【圧電ライト】
【ビー玉発電装置】

カメラのフィルムケースに圧電素子(ブザーのスピーカー)を挟み、ビー玉を入れてカチカチ振ると、その時の衝撃でLEDが点滅するというものです。こんな簡単にLEDが点けられるなんて、ちょっと衝撃的でした。
明かりを点すだけなら、比較的簡単にできてしまうんですよねぇ…(=゜ω゜)ボー

調べてみると、比較的大きな電圧は作れるけども電流が微々たるもの。ということで、それは蛍光灯の明かりでソーラー発電した時の様な感覚なのでしょう。でも、エネルギー源が振動エネルギーということで、シーンに応じて有効活用できそうですね。

『ジュセリーノの予言』

ノーナンさんが記事にしていた書籍で思い出しました。
ジュセリーノの予言
話を聞くほどに驚愕してしまうその人物…『ジュセリーノ』 (早速本屋さんで探してきました)

TVの特集で観たのですが、この方は予知夢を見るのです。
そしてその内容を、近い将来その身に降りかかるであろう当事者(関係機関、本人等)へと手紙を綴り、送っているのです。手紙のコピー(原文?)は某施設に厳重に保管されています。

いつ予知夢を見るかは予測できませんが、ある日突然、何らかの光景が夢に現れ、そこにジュセリーノさんが居るそうです。それが数年先、数十年先の事であって、日付や場所、登場人物全てがハッキリと書き記されています。

封書を受け取った人達にとっては、それが予測もできない数年先の事で「悪夢でも見たのだろう」という感覚だったのではないでしょうか…。自分がジュセリーノという人から封書を貰ったら、「新手の商法か?」なんて考えてしまいそうです。政治機関へ送られたメッセージとなれば、入れ替わりの激しい場所ですし、そういった書類が保管されている期間も数年(?)とかなので、手紙の内容を知っている人は途切れてしまうでしょう。

様々な事件・災害・政治・経済の動向、などなど 日付や時間、被害者名が一致したまま現実として起きてしまったという事項が90%近くにも及ぶそうです。警告されていたはずなのに…そして、まだ迎えていない日時(つまり未来)の出来事も予知夢として、各々にメッセージが送られているそうです…そんな中で最も近い予言は…

2008年9/13(土) アジアのある1都市(海からそう遠くはない地方都市)をマグニチュード9.1の大地震が襲い30mもの津波が襲いかかってくる』

とういうもの(本文はもっと具体的で詳細な現場の状況が描写されています。)。1990年にこの夢を最初に見たそうですが、その時は中国語が聞こえてきたそうです。ところが2007年に同じ夢を見た時はそれが日本語に聞こえて来たとのこと。
地図で夢の情報を確認してみると、それが中国の南寧と海南島付近、さらには日本の愛知県岡崎市から東京方面へ向けた地域だそうです。何故2つの地域がピックアップされたのかというと、来日講演に来た時にスタッフが日本の地図を見せたら、日本の地域かもしれないと思ったそうな…。
(それなら、現地に同行して確認してもらいたいものですが…。)
専門家による意見も交えて、この予知夢を検討しているページが続きます。

地震関係の項目の最後に予知夢がまとめてありました。
(近年の日本のみピックアップ)
2009年1/25と11/15 大阪・神戸でM8.2
2010年9/15 東京・横浜でM8.4


時間を経て同じ夢を幾度となく見るそうですが、詳細で明確な情報を少しでも、より多く得て欲しいものですよね…。「なんだ結局何も無かったんだ」という夢に変わる日が来れば一番良いのですが…

※TV特集を観ていた限りでは、地震に関しては日時や発生地域にズレがあるようでした。なので、その他の地域でも警戒しておいた方が良いでしょうね。

歯車外れた?

世の中が変だ…

少年の頃以来の憂鬱な気持ち

体も、心も休養が必要

とにかく休んで鋭気を養おう。

おやすみなさい⊂(_ _⊂⌒⊃

こんな対応あり?!?!

Yahooメッセンジャーで時々チャットするのですが、バージョンアップのお知らせがあって「ま、いつものことだと」無視してたら、なんとログインできなくなってました。アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
やむなく10MB以上もある新バージョンをダウンロード… 何事も無かったようにログインできましたが、なんだかな~(#゚Д゚) プンスコ!

そんな訳でYahooメッセをご利用の方はインストールが必要ですよ~( ´Д`) <はぁ~

ヤンマーラーメン

ちょっくら息抜きです。( ´ー`)フゥー...

友達のブログで懐かしい駄菓子を買ってきたという記事を読んでいて、ふと『ヤンマーラーメン』を知っている人は居るかな?と思いネットで調べてみると…居るもんですね~♪覚えていらっしゃる方が。
数年前には検索しても出てこなかったというのに…。
で、今更知った事ではありますが、現在では超ロングセラーとなっている『チャンポンメン』の前作に当たるそうです。何故ヤンマーラーメンが消えたのかも記載されていました。
ネーミングが某農機具メーカーと被るということで提訴され、無罪放免にはなったもののそれ以来『ヤンマーラーメン』が消えてしまったのです。そんな情報など流れてこない時代でしたから、試しに買って食べてみたチャンポンメンは味がヤンマーラーメンとは違っていたので、勝手に新作ではないと思い込んでいました。
『ヤンマーラーメン』がどんな味だったかというと、椎茸の香りがプンプンしてて、硬い干し海老が浮いてて、聞いた話では花型の麩(ふ)も入っていたそうな…(これは記憶がないw)。今のチャンポンメンから想像した方が早いと思いますが…でも違ってたんですよね…。

平たい長方形の乾麺が2枚入っていたので、茹でる時は大きな鍋が必要でした。家族でも食べ切れない事があり、次の食事に温めなおしてまた出てくるんですw でも、伸びきったラーメンもまた美味いんですよ。スープがしみこんでるし。海老もほどほどに柔らかくなってる(´▽`*)アハハ
まぁこんな歳になってからヤンマーラーメンの謎が解けて、ちょっとホッとした感じですかねw

【参考ブログ】 ←思い出させてくれてありがとう♪
【イトメンHP】 ←『ヤンマーラーメン』の記述は一切無し。消去したい過去ですな…

スモークフィルム

通勤時、朝は徐々に明るくなるのでヘッドライトも点灯されることは少ないですが、帰宅時の後続車両のヘッドライトが眩しいったらありゃしない。サイドミラー(ドアミラー)に映り込む光は縮小されるので幾分和らぐのですが、ルームミラー(バックミラー)に反射するヘッドライトは時には視界を邪魔するぐらい眩しい時があります。数年(?)前から流行りだしている『明るいライト』はもはや迷惑でしかないと思ってしまいます。
あまりにもヘッドライトの眩しい車、ライトの位置が高い車が多いので、知り合いの業者さんからスモークフィルムを購入して、車のリアウインドウに貼る事にしました。仕事柄、塩ビシートを貼る事に慣れているので、エア(気泡)が残らないように、またシワが入ったり、エッジ部分がトンネルにならないよう(三次曲面なのでフィルムが歪み、端に行くほど余ってくる為)にフィルムを伸縮させながら貼り込みます(方法は企業秘密ということでw)。
ブレーキランプが中央下端にあったので、先にそれを外してからフィルム貼りをしていたのですが、貼り終えてからランプ部分をくり抜いて(スモークシートから赤ランプが見えるように)、最後に取り付けようとした時、手が滑ってランプを落としてしまいました。あちゃー(;´Д`)
案の定、ブレーキを踏んでも中央のランプは点灯していない模様。電球を外して見てみると芯が切れて、小さなガラス球の中で遊んでいますw 昔は家の電球が切れたら、上手に繋がる位置まで持ってきて、再利用したとか…でも車じゃ振動ですぐに外れてしまうものだし…
翌日GS(ガソリンスタンド)の兄ちゃんに「これと同じ電球ないかな?」と尋ねてみると探して持ってきてくれました。お値段210円なり。ホッ( ´ー`)-3 交換まで頼むととんでもない金額になるので自分で交換です。
さて、スモークフィルムの具合は?と言うと… 眩しい日光の中でサングラスをかけたときに、ほっと落ち着く効果があるような、そんな感じです(*^ー゚)b 後続のバカ車両も、もう気にならないwww ちょっとした事だけど運転中のイライラが軽減される工夫ですよね。

(注:フロント及び運転席左右のウインドウは30%以上可視光を遮ってはいけない法律があるので、個人で貼られる場合はご留意願います。)

うげΣ(´д`ノ)ノ プリンター壊れた…

エプソン製の『写真画質』で売り出されたPM-750Cというプリンターを使っていました。フォト専用紙を使用するとほんとに写真クオリティで綺麗でした…(=゚ω゚)ボー 売り出されたのが1997の11/15なので、ちょうど10年経過したところです。
昨夜、母が『味噌の作り方』をメモしたノートを探していて、「困った見つからない」とぼやいていたので、インターネットで検索すればすぐ見つかるよと、ちょちょっと検索してプリントアウトしようとしました。
2ページ分のデータで、1枚目が印刷され2枚目の用紙をロードし始めた時に異変が起こりました。ガ…ガガガガ…ピーーーーー。インク切れランプ、用紙切れランプ、全て赤点灯で電源ランプも点滅しています。んな訳ないだろ?!と思いつつ点検してから電源を落として、再度電源ON!
いつもの準備動作を始め、プリント待機していたデータで再び1枚目を印刷しはじめました。いざ2枚目に入ると…ガンッ!! ものすごい勢いでプリントヘッドがプリンターの内壁に衝突しています。
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ マッハジェットプリンターと謳われた商品なだけに、凄まじい衝撃が走ってます…


… 壊れた… orz

どうもヘッドを移動させるベルトが弛んで、ギアと噛み合わなくなっている…というかスリップしてしまう模様。まぁ~10年よく頑張ってくれたものだと…修理する気力もなく。買い替えすることにしました。ケーブルだって背面のシリアルポートに繋ぐ仕様だったし、もう未練もありませんw

さて新規購入となると、今までの5色一体型のインクカートリッジでは残ったインクが勿体無いので、色ごとに交換できるものが条件。あと不要な機能は要らないし、複合機もパス。USBは2.0対応。それだけで十分って事で、もう決めてしまいました。昔に比べれば安くなってる(当時のほぼ半額)とは言え、インクカートリッジが高いのなぁ…ま、いっか~

来年の干支は… orz

サエさんのリクエストで『階段落ち』の話を

もう何年前になるかなぁ…(=゚ω゚)ボー
自分の部屋は旧家屋を改造した2階で、屋根裏部屋と言っても言い過ぎではない6畳間でした。天井は屋根の傾きがそのままで、かなり圧迫感があります。昔の農家の造りだったので、天井裏(ベニヤ一枚)はネズミが駆け回り、梅雨時にはムカデが発生する時もありました。
2階に掛けられた階段は、既製品を不要になった方から頂いて取り付けた昔ながらの物で、かなりの急勾配。45~50度ぐらいはあったかも知れません。それでも小学生の頃から利用しているので、日が暮れて暗くなっても足元を確認せずに昇り降りできました。
手摺も簡易的なものを取り付けてあったのですが、釘やら金具のフックを打って、買い物袋や巾着袋、小さなバッグなどがかけられていました。
いつものように、会社へ出勤する準備をして、階段を降り始めたのですが、中腹あたりからあと数段(5~6段?)で1階という所でフワッっと体が宙に浮きました。ズダダダダンッ!!!

骨盤を強く打ったので、軽い脳震盪に襲われ息もまともにできませんでした。訳もわからないうちに階段から落ちていたのです。『何か柔らかい物を踏んだ?』そういう感触のみが残っていて、足元を確認したり階段を眺めては見るけど何も無い… 慌てて駆けつけた母親もただ驚くばかり… 何気に手摺にぶらさげられた巾着袋が階段の脇に乗っていたので、その感触が踏みつけた柔らかい物に似ている事に気付き、それではないかと母に告げました。「こんなもん吊っとくなよ~(かなり情けない声)」
痛みも引いてきたので、そのまま出社しましたが…

んがっまさか!!その翌日も全く同じシチュエーションで階段落ちしてしまうとは…
同じ柔らかい感触。間違いなく、あの巾着袋! 自分の物ではないし、大事な物が入っているなら自分が片付ける訳にもいかないと思っていたのに…。ビックリして駆けつけた父が「気ぃ~つけんと駄目やがいや(訳:気をつけないと駄目じゃないか)」…もぅ、ぶちっ!! 俺が悪いんか~~っ!!(#゚Д゚) プンスコ! と言いたくなったけども… 軽い脳震盪だし、まともに息ができるまでそれどころではない。それにも増して腑に落ちなかったのは、わざわざ踏み台の真ん中に置かれていた巾着袋の謎。何故そこに?手摺りにぶら下がっていたはずの巾着袋…

(;゚д゚)ァ.... ネズミだっ!! 紐でぶら下がっているので、下の段から巾着袋を段上に引っ張ってくるのは無理。そこで上の段から紐を手繰り寄せて、袋本体を踏み台の真ん中まで引っ張ってきて、中に美味しいものがないか物色しようと企んでいたのだ!というイメージが組みあがりました。ほぼ100%間違いない!考えれば考えるほど合点がいく。ネズミめ…(#゚Д゚)
さすがに巾着袋は取り外され、翌日からは僕も用心して降りるようにはしましたが…しかし…こんな事で後頭部を強打なんかしてたら… と思うと日常に潜む危険性を再認識してしまいますよね…(=゚ω゚)……

改築された家での階段にも、いつ誰が物を置いているかもしれないし、ネズミの心配は無くなったけど、以前より2階は高くなり階段も長くなっているので気をつけないとね…

にゃんにゃん分析

サエさんが紹介していた『にゃんにゃん分析』です。
「らんなー」のにゃんにゃん分析結果



猫画像
可愛いすぎてたまらんっす。・゚・(ノ∀`)・゚・。ヒャヒャ
ついでに『わんわん分析』
「らんなー」の犬画像分析結果



犬画像
な、なんか偽チワワっぽいな…(=゚ω゚)ボー
もう一個、面白画像分析ってのがあったのですが…ちょっと笑えないのでカットwww
みなさんもどうぞ~♪(´▽`*)アハハハハ

カレンダーメーカー

ラピュタさんがやっていた『カレンダーメーカー』です。
らんなーのカレンダー
あの脳内メーカーの新作ですね。いや、笑えました…(´▽`*)アハハ
『吹き矢』がツボですなwww

Ivory~うまっ♪

某氏を「3度の飯よりアイボリー」と言わせた(?)wグリコのアイスクリーム
『Ivory』
Ivory

聞いていたのは数ヶ月前なんだけど、やっとコンビニで発見して(σ ̄ー ̄)σゲッツしましたよ~♪
でパッケージを撮影してから融ける前にパクリっ!

(ノ゜ω゜)ノ*.オオォォォォォォォー
ん、ん、ん… んまいぞ~~~~~~!!!!! 。・゚・(ノ∀`)・゚・。
バニラアイスをホワイトチョコでコーティングして、さらにサクサクで香ばしい、モナカの倍以上は厚みのあるゴーフレットで包まれていて、一口かじった瞬間から、口の中に幸せが広がっていきました。
なるほど、これが癖になるのがやっと判った! これ癖になるwww
見つけたら是非お試しを…♪(エネルギー:362kcal)
って!(;゚д゚)ァ.... 甘味料にアセスルファムKを含有している…残念… orz 美味しいだけに悔やまれるな…
Ivory商品紹介(グリコ)

ば、ばにら…

なんか『ばにら』すごく賢いんですけど…(● ̄  ̄●)ボォ-
ばにら賢い

こんな風に文を組みあわせて使ってないし。勿論原文は覚えてるんだけど、上手に組み合わせて、しかも意味ありげなんだよね。ちゃんと通じる。
ちょっと(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!してしまいました。www

ブログペット誕生1ヶ月目

ばにら誕生1ヶ月目

ばにら誕生から1ヶ月めで単語を形容するようになりましたよ!
俳句にはまだ遠いかな…(=゚ω゚)ボー って今話しかけたら…
ばにら(名セリフ)

(´▽`*)アハハハハ アムロの名セリフみたいwww

ルーター復活

帰宅して真っ先にルーターの電源OFF!!
考えたら1日24時間ずーっと電源入りっぱなしなので、ルーター本体が熱くなっています。この時期は特に注意が必要なのかも…。それにファームウェアを一度もアップデートしてませんでした。
電源ONにしてもネットに繋がらない症状は同じ。リセットボタンで工場出荷状態に初期化します。あと、ファイアーウォールを一時的に解除しないと本体の認識をしてくれない事にも気づいて、セキュリティを数分だけ解除。手早く接続設定画面にアクセスして、ログインID・パスワードを設定。無事にネットワーク接続が回復しました…
( ´ー`)フゥー...
AOSS(ボタン一つで無線LANの認識をする機能)はDSのwi-fi通信以外使わなくなっているので、とりあえずOFFにしたまま、発熱を少しでも控えるようにしておこうと思います。
んな訳で、テストも兼ねて記事アップ!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
(モデムじゃなくて良かった…プロバイダーが勝手に契約解除したのでもなくて良かった…<そこw)

PCの思い出(6)

当時の電話回線は通話しかできませんでした。今のようにデータ通信用の道が敷かれていなかったのです。しかし、MZ-2500の売り文句に『通信パソコン』というのがありました。別売りで『モデムホン』という、電話機と音響カプラー(※)が一体になった機械がありましたが、これがまた目ん玉飛び出るぐらい高価なのです(10万5千円ぐらい?)。なのでこのマシン(MZ-2500)では通信することはありませんでした。
※音響カプラー:家庭用電話機の受話器を乗せて、音声でデータ通信するというとてもアナログな機械です。FAXのピーピーガーガーみたいな音でした。

通信を始めたのは、シャープのX68000というマシンを購入してからです。
X68000ACE-HD

↑これの黒いモデルをド━(゚Д゚)━ ン !!!と買ったんですねw
当時インターネットも一般的ではなく、研究者間だけの特殊なネットワークでした。一般的に行われていた通信は、24時間起動したまま(個人によっては夜間だけ起動というのもありw)のホストコンピュータを作り、そこに掲示板や、チャットルームを設置したもので、パソコン⇔パソコン間で直接アクセスしていたのです。東京にホストがあれば、東京までの電話通話料がもろにかかってきます。
通信画面は文字のみで、まだ通信速度も遅かったので、文字がぱらぱらとダウンロードされ表示されていくのが見えました。回線の調子が悪い時はしょっちゅう切断されましたね…(=゚ω゚)ボー

そんな環境でのチャットでお腹がよじれそうになった話があります。
Aさん「あ、あ… やばい…」
僕「ど、どうしたの?」
Aさん「足がつりそうだ…」
僕「???」
変な座り方をしているのか、頭の中で想像を巡らせますが状況がよくわかりません。返信のセリフにだんだん間があいてきて、そんななかでも状況を説明してくれました。
Aさん「いや、カプラーを使ってるんですが」
僕「はぁ…」
Aさん「パソコンと電話が遠くて」
Aさん「受話器がカプラーから外れそうなんですよ」
僕「ふむふむ…」
Aさん「で、足を伸ばして受話器を押さえてるんですけど」
僕「!!!」
Aさん「もう、げ…」
Aさん「限界…」
プツッ…回線が切れました。やっと理解できました。
机に座り、左足を音響カプラーに乗せた受話器までピーンと伸ばして、受話器がはずれないように足先で押さえ続けていたんですよね…受話器のケーブルはくるくる巻いているバネみたいなコードなので、引っ張られてすぐに外れそうになるらしいです。
頭の中にAさんがもがいてる絵が浮かんできたら、もう笑いが止まりませんでした。左足をピーンとですよ?ピーンとw
。・゚・(ノ∀`)・゚・。泣き笑いっす…o(__)ノ彡_☆バンバン!!
そんな状況で小一時間もチャットしてたなんて…

PCの思い出(5)

TETRIS

MZ-2500で作ったテトリスを思い出しながら描いてみました。
まず、使いたかったのが256色モード。これだけでもファミコンを遥かに凌駕していました。しかもラインを消していくと少しずつゲームの難易度が上がります。スピードがどんどん速くなっていくのです。この時、背景のグラフィックも変える様にしたかったのですが、ゲームが中断してしまうのでそれは断念しました。ブロックが下に落ちると『カキーン!!』と小気味良い音が出るようにして、きっちりくっついてしまった感じを出しています。もう、遊ぶには十分過ぎる出来だったので、これでテトリスを十二分に堪能しました(*^ー゚)b

当時は通信環境もさほど良くなかったので、パソコン通信をしている人は稀だったと思います。そこで、雑誌でパソコンのクラブ会員を募集している所に入会して、封書や会報などで交流を図っていました。フロッピーディスクでデータをやりとりしたり、会報自体をフロッピーディスクに収める形で、配布されてくるのを楽しみにしていたものです。
このディスク会報に、テトリスを掲載してもらって、会員の方達に遊んでもらいました。後日「もう、大好評ですよ~!」という話を会長さんから聞きましたが、ゲーム自体はオリジナルではないので、また新たなる野望に向けて制作意欲が沸いてきましたねぇ…

もう続かないかも…まぁ、気分次第って事で(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

PCの思い出(4)

MZ-2500をいじくりまわしていた頃はファミコンが全盛でした。スーパーマリオブラザーズ、スターソルジャー、ドラクエ、ファイナルファンタジー…etc.etc.… ファミコンも8bitのCPUを積んでいるのですが、どう見てもグラフィックはMZ-2500の方が綺麗でした。ただ、ゲームキャラクターを表示する機能(スプライト画面)はファミコンならではの強みで、スムーズに画面内を動き回っています。こればかりは真似できませんでした。
 『パソコンでマリオを動かすのは無理?』
そう思っていた矢先、シャープのテレビ事業部が作っているパソコン『X1シリーズ』にスーパーマリオが発売される!とびっくり仰天なニュースが舞い込んで来ました。「パソコンサンデー」でゲームレビューのコーナーがあり、山下章さんがよくゲームの攻略情報を見せてくれていました。そう、TVでパソコン上で動いているスーパーマリオが見れるチャンスが訪れたのです…目を皿のようにしてTV画面にかじりついていると…タタッタッタラ~ラ♪ピョ~ン
ガク…ガクガク…ピョ~ン…ツ…ツツ…ツ
とてもスムーズに動作しているようには見えません。しかも数面分(?)ステージを進むとデータを読み込みにいって、横スクロールがストップしてしまうのです…(=゚ω゚)ボー
な、なんじゃこりゃ~… orz ヤッパ マリオハ ムリダッタノカ…
まあ、そんなショックよりも、X1に移植されていて、なんでMZ-2500に移植されないのかと憤慨しつつ、これじゃあ結果は似たようなものかと諦めにも似た、ため息しか出てきませんでした。

が、すか~す! 無いものは作れ!それがパソコンだっっっっ!!
いや、マリオを作ろうと思ったのではなく、ゲーセンでプレイして興奮冷めやらぬ『テトリス』を作ってみようと思い立ったのです。ゲーセンでやりこんでみたいけど、1回100円のプレイではそれもかないません。PCで作ってしまえば、好き放題遊べるではないですか…

さてさて、どうなったことやら(=゚ω゚)ボー 続きますよ~w

PCの思い出(3)

MZ-2500に同梱されていたBasicは、3.5インチフロッピーディスクから起動しました。何かプログラムを作って、そのディスクに保存。autorun(自動実行)するように設定しておけば、フロッピーをパソコンに挿入して電源ONするだけで、目的のプログラムが起動して便利なのです。
当時はハードディスクも高価で、本体に標準装備なんてことはなく、フロッピーディスクが重宝されました。しかも、このマシン(MZ-2500)には2ドライブあったので、ドライブ2にはデータ用ディスクを挿入して、各ツールでデータのやり取りをしていました。当時は便利だったんですよ?…ホントにw

さて、マシン語なのですが、M25Basicではマシン語で書かれたサブルーチン(小さな処理をするプログラムの一部)を呼び出して実行する事ができました。Basic言語を起動しているのに、マシン語部分にもアクセスできるという優れものです。Basicで直接マシン語プログラムを組むことはできないけれど、実行させて確認することができるのです。

問題は 【暴走したら止められない!!】

マシン語部分をCPUが実行している間は、Basicの管理を離れてしまいます。うっかり無限ループに突入した場合は本体をリセットするか電源を落とすしかありません。いろんな意味で恐怖感があります。システムディスクや本体のICチップやコンデンサーにダメージを与えかねないし、モニターも壊れるかもしれません。なので、実行させるときは心臓バクバクで万全の心構えも必要でした…ドキドキ(;´ρ`)ダ、ダイジョウブ?…

しばらくして、アセンブリ言語というマシン語を記述するのに便利なソフトを入手する事ができました。マシン語に1対1に対応しているプログラミング言語です。なので、コマンドも非常に単純。しかし単純な言語で複雑な処理をさせる訳ですから、形になるまでは気の遠くなる作業が必要です。
でも、まったく最初から記述する必要もなく、コンピュータの各部を制御する小さなサブルーチンがあらかじめ用意されていました。例えば『画面をクリアする』というサブルーチンを呼び出せば、グラフィックや文字画面をクリアしてくれます。『ビープ音を鳴らす』というサブルーチンを呼べば『ぴっ!』とスピーカーから音が聞こえます。こういったサブルーチンだけでも、かなりのプログラムが書ける訳です。

となると、あとは「自分が何をどうしたいのか」というソフトウェア的な部分に絞られてきます。「キャラクターを動かしたい」とか、「背景をスクロールさせてみたい」などなど…一つ一つの細かな動作をさせるユーザーオリジナルのサブルーチンの製作に入っていくわけです。

まだまだ続きそうだ…(=゚ω゚)ボー

PCの思い出(2)

雑誌に投稿・掲載されていたゲームが自分のパソコンで動作すると、もう感動ものでした。
(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ
ゲーム自体が面白かったかどうかは別問題で、何故こんな風に動くのか?とか、どうやってキャラクターを表示させているのか?とか、沸いてくる疑問は止まりません。で、プログラムを途中で停止させて『今、どの行(プログラムされた1行)を実行していたのか』を見てみたり、少しずつコンピュータの中身を理解し始めました。
Basic(ベーシック)というプログラム言語は人間が理解しやすく、しかも、一文を書いて即実行させてみる事ができるという、高級な機能を持っています。何度も書いては試してみて~を繰り返して、様々なプログラムを組む事ができるようになっていました。
ゲーム内のキャラクターや背景の絵も、プログラムを組んでお絵かきソフトを作り、描けるようになりました。より便利なソフトウェアを作成して、データを作りやすくするという方法がまた斬新でもありました。
こ、これがパソコンの醍醐味なんだなぁ~(=゜ω゜)ボー…
今の様にマウスなんて便利な物は高価で、入手も大変でした。そのかわりに、10キーをゲームコントローラーの十字キーの様に使ったりして、お絵かきしたりゲームしていましたよ(*^ー゚)b。それからジョイスティックが発売されて、このジョイスティックもプログラムから制御できる!ということで、今のマウスのように入力デバイスとして利用できるようになりました。

ただ…Basic言語の欠点といえば、高級な処理をするがゆえに無駄に時間を浪費してしまうという所です。当時のCPUには負荷が大きかったのです。もっともっと速く動作させるには、コンピュータが直接理解できる言語…『マシン語』でプログラムを組む必要がありました。

マシン語… (=゜ω゜)ボー
遥か遠いエベレストの山頂を目指すような心境… 気が遠くなりそうでした…

つづく…

PCの思い出(1)

25歳の頃に買った、我が人生初のパソコンMZ-2500
SHARPのMZ-2500(別名SuperMZ)
CPUはザイログ社製のZ-80Bという8bitでありながら6Mhzというクロックで動作したので、当時のNEC製PC-9801に迫る速さでした。
確か本体価格が188,000円、それにモニターが10万円ぐらいしたので、とても買えるような代物では無かったのですが、本田技研での短期アルバイトで手にした事のないようなお給金を頂いていて、さらに雑誌の通販で安売りしていたのを見つけたとき(セットで155,000円)ポーンと…
買っちゃいましたがな…(´▽`*)アハハ
使いこなせなかったら、ドブにお金を捨てたようなもんです。
しかも、コンピュータとは何ぞや?!みたいな頃の話ですから、毎週日曜日に見ていた『パソコンサンデー』というTV番組(司会:小倉智昭さん。提供:SHARP)が無ければ、MZ-2500なんて購入していなかったかもしれません。
まぁ、元を取らなくては損なので、同梱されていたプログラミング言語(M25Basic)のマニュアルが破れるくらいに駆使して、雑誌に掲載されていた投稿ゲームプログラムを打ち込んでみたり… でも打ち込んでも一発で動作するということは稀で、何処が違うんだろう???と雑誌とモニターを見比べながら入力ミスを探したり…
とにかく、パソコンに触れだしたのがハマるきっかけでしたね…(=゚ω゚)ボー

まだまだ続きます… たぶんヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

↑タイトルの背景に…

カーソルで星と星を繋ぐ事が出来ます。
右上の時計の周りにあるボタンにも意味があって
【RESET】:手描きで繋いだラインを消去します。
【STAR CHART】:星座を表示します。
【RELOAD】:ブログ表示を更新します。

ぼーっと星と星を繋ぐのも面白いですね(≧∇≦)b
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。