スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケルトンダンス2(八の字)

スケルトンダンス第二弾 コアリズム(八の字腰振り)練習

動くようになった骨格モデルに皮膚を被せて、さらに動くようにしました。
注:クリックすると『透け透けスケルトン君のダンス動画』が別ウインドウで開きます。見たくない・体調に不良を覚えそう・気分が悪くなりそうだという方はクリックをご遠慮ください

コアリズム8の字(スケルトン)

あまりのリアルさにしばし呆然(=゚ω゚)…
骨格は男性ですので、どうにも硬く見えてしまいます。
背骨が柔軟にしなっていたり、股関節がぐりぐり骨盤を押し上げている様がよく判ります。肋骨と骨盤がぶつかるんじゃないかと思えますが、それは現実にはありえませんので(たぶん)…動作が少しデフォルメ気味かもしれませんね。
しかし驚いた…ヽ(;´Д`)ノ  ここまでやろうとしていた理由を忘れてしまいそうになりますw
『ラテンダンスという動作の骨格による理解』 これで良かったかな?…(=゚ω゚)ボー…
本当は筋肉モデルがあれば、さらに様々なトレーニングによる肉体への理解が深まるだろうと思うのですが、骨格のみでツールの許容量を越えてしまったし、よりグロテスクになるのは目に見えているので、仮に完成しても公開は無いでしょうね。
スポンサーサイト

スケルトンダンス(コアリズム)

ようやく骨格モデルが動かせるようになりました。
単純にポリゴン(面を作っている三角△や四角□)の数を減らしただけですが、動けばOKということで。ただ、グロテスクになりがちなので、ピンクに着色して、しかも動かないサムネイル表示にしてあります
(クリックすれば別画面で動き出します)
スケルトンダンス01

骨盤や背骨、股関節が激しく可動している様子が判ります。これらの骨を繋いでいる筋肉は、身体の根幹を支えている重要な部分ですね。ついでに全身の動画も…
スケルトンダンス02

こっちはヨガの三角のねじりのポーズ。ミサちゃんの動作をそのまま流用しています。
スケルトンヨガ01

※夢見が良くない方はクリックしないようにお願いしますね。

シェイク♪シェイク♪(コアリズム)

自分で出来ないのでミサちゃんに試してもらって、理解を深めようとしていますw
シェイクシェイク2

んー腰振りの回数が少ないような気がしますね…
1歩に1回の腰振りなら、競歩のように体重を支えている側の腰を上げます。(それなら出来るw)
じゃあ2回だったらどうか… 脚が地面から離れている間に腰の傾きをいったん逆にする…と



… (((´・ω・`) ん?  んん??

ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!  わっかんね~

奇数回なのか偶数回なのかも よく判りませんね。4回は振っているようにも見えるし…
片足で立ちながら、何度も腰を振ってみたら判るかなぁ…(=゚ω゚)ボー…

コアリズム(基礎6)

入門編(KickStart)には無くて(多分)本編に出てくる動作ですが、とても心地良くて、しかもタヒチアンダンス(フラダンス)などの基礎的な動きなので取り上げてみました。
腰を大きく回転させるメニューがありましたが、今度は腰で8の字を描きます。
本場のタヒチアンダンスでは、この8の字を小さくして、目にも止まらない速さで回転させています。
コアリズム08

膝を常に曲げていないと、初心者の方は腰や股関節を痛めます。いや、ほんとに…。
股関節がなんだか痛くて、コアリズムを二日ほど休みました( ´Д⊂ヽウェェェン
(いや、今日はもう大丈夫ですw)

コアリズム(基礎5)

まだまだ基礎です…が、ここら辺でコアリズムダンスが徐々に出来るようになっているようです。
コアリズム06コアリズム07

(※後姿追加しましたw)
最初の基礎の応用で、右・左・右と腰を振ったところで一拍休みます。
すると次は左・右・左となります。腰の動きはこれの繰り返しです。
慣れてきたら腕の動作も加えます。下から大きく大きく両腕で円を描き、真上に達したら腕を引き寄せるようにして、お腹の下あたりまでゆっくり持って行きます。最初はタイミングが難しくて腕だけが暴走したり、腰の振りが止まったりしますが(←自分の場合w)徐々に慣れてくると思います。
なんかダンスらしくなりましたね~。後ろから見るととってもセクスィ~♪な動作です。

腰周りの筋肉に疲労感が残ったままですが、それがとても気持ち良いんですよね。就寝してからも、猫が体をねじるようなポーズが心地良かったりします。(ヨガのストレッチにあるんですよね。ワニのなんとかのポーズ?…w) で、以前は横向きに寝転がったら床につきそうなぐらい垂れていたお腹が!!!あれれ?何処へ行ったのやら?!って感じなんですよ。凹んでる?もしかして?!?!いやいやトレーニングして腹筋が緊張してるだけだろ…ってな感じですね~

コアリズム(基礎4)

移動は飛ばして、簡単なコアリズムダンスの基礎です。
コアリズム04コアリズム05

「ぼぉ~い!ぼぉ~い。くれいじ~ぼぉ~ぉい♪」と口ずさみながらやりましょうw
勿論、パキッ!パキッ! という指パッチンつきで(´▽`*)アハハハハ
ウエストサイドストーリーの気分が味わえて楽しいですよ(*^ー゚)b

コアリズム(基礎3)

一個飛ばしてしまいました… orz
横方向への骨盤の傾けの次は前後方向です。
コアリズム03

・中腰の姿勢をとります(これが意外に腿のトレーニングになっています)
・骨盤を前方に出し、お腹を凹めます。この時両腕も前方に出してぐっと引き締めます
・今度は逆に骨盤を後ろへ引き、お腹を出します。腕は後方へグッと広げてストレッチ。
3分ほど繰り返します。骨盤を傾ける事を意識しましょう。
慣れてきたら倍速にスピードアップしてみましょう。(※いきなりやるのは危険です。)

コアリズム(基礎2)

コアリズムの基礎二つ目です。
コアリズム02

足を開いて、腰を落とした姿勢で
【骨盤を前・お腹を凹める】→【骨盤を左】→【骨盤を後ろ・お腹を前に出す】→【骨盤を右】
と、ゆっくり回転させていきます。
最初のよりもこちらの方が両膝を曲げている分、やりやすいです(*^ー゚)b
体の柔軟度に応じて、描く円を大きくしてみましょう。慣れてきたらスピードアップです。
反対側の回転もやりましょう。

前回と今回の二つの基礎だけで体がポカポカ温まります。時間にすると…
左右足踏み5分、右回転5分(前右後左とそれぞれ一時停止するのが3分、くるくる回転させるのが2分)、逆回転も5分ぐらいを目安にするといいかもしれません。
フラフープの腰の振りと異なるのは、骨盤を前後左右に傾ける所です。フラフープではあまり骨盤自体を傾けないんですよね。ここ重要ですw

流石に昨日は脇腹、腰の筋肉が張っていました。
筋肉痛までは行きませんでしたが、お腹が凹むイメージがじわじわとヽ(´ー`)ノ
しかし、体の根幹を運動させるというだけで、物凄い発熱量です。40分ビリーをやったんじゃないかってぐらいの勢いで体が温まるので、とても新鮮です。(男性が苦手な動作だからとも…w)

コアリズム(基礎1)

久々にミサちゃんの登場~。今回はコアリズムに挑戦です。
コアリズム00コアリズム01

まず、これさえ満足にできないんですよね…。
その場で足踏みをするような感じですが、伸ばしている方の脚は腰を横につき出します。
上体は傾けず、水平を保ちながら横にスライドさせます。なので手を水平にしていれば、正しい動作がやりやすくなります。

とは言え、もうこれだけで十分、お腹一杯。慣れるまでは次のステップなんて冗談じゃないって感じです。
。・゚・(ノ∀`)・゚・。 ウキャキャ
【トレーニング動画】
ニコッとタウン
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
プロフィール

らんなー

Author:らんなー
You can do it~♪
(song by Billy.B)

ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。